フリーランスの常駐案件とは?メリットやデメリット、獲得方法など紹介

・常駐案件ってどんな仕事?
・常駐案件のメリットやデメリットは?
・どうやって常駐案件を獲得する?

フリーランスになって常駐案件に興味がある人もいると思います。求人サイトやクラウドソーシングサイトなどでも、常駐案件の募集はたくさん出ています。

しかし、どんな働き方になるのか、常駐案件のメリットやデメリットは何かなどがわからないと、不安でなかなか受注していいかどうか判断できませんよね。

この記事では、常駐案件の仕事の概要、おすすめな人、メリット・デメリット、獲得する方法などをお伝えしていきます。常駐案件が自分に合うものかどうか判断できるように、参考にしてください。

フリーランスで常駐する働き方とは?

フリーランスで常駐する働き方とは?

フリーランスが請け負う仕事の中には、常駐案件というものがあります。名前の通りで、契約先の企業に行って一定期間働くことになります。

会社員と似た働き方ではあるものの、企業との契約関係は「業務委託契約」扱いになっているため、会社員のように福利厚生を受けたり、ボーナスが支給されたりすることはありません。報酬や契約期間、就業時間などは、その会社の社則や規程に従う必要はなく、業務委託契約書に書かれている内容を遵守することになります。

リモートワーク案件の働き方との大きな違い

常駐案件とリモートワーク案件では、働く場所や時間に違いがあります。常駐型の場合は、契約先の企業に行って仕事をしなければなりません。また、働く時間は会社員よりも自由である場合が多いものの、ある程度は会社の勤務時間に合わせる必要があります。

一方、リモートワーク案件の場合は、働く場所も働く時間も自由です。在宅で行ってもOKですし、カフェや旅行先などで仕事をしても全く問題ありません。収入面では常駐型の方が、契約期間内は一定額を貰い続けることができるため、安定していると言えるでしょう。

ただし案件により異なってくる場合が多いため、業務委託契約書をしっかりと確認することが重要です。

常駐案件がおすすめのフリーランスとは?

常駐案件がおすすめのフリーランス以下のような人です。

・企業が求めるだけの成果やスキルを持っている人
・大手企業の案件に参画したい人
・人脈を築きたい人
・大きな案件の経験を積みたい人
・家では仕事のモチベーションが保ちづらい人

常駐案件を応募している企業は、基本的には即戦力の人材を求めています。そのためある程度の成果やスキルがある人でないと受注できないでしょう。

ただし大手企業が募集をしていることもありますし、会社で働くことで人脈を築くことができます。また個人で受けるよりも大きなプロジェクトの案件を請け負うことができる可能性も高いため、大きな案件の経験を積みたい人にはおすすめです。

フリーランスで常駐案件を受注する4つのメリット

フリーランスで常駐案件を受注する4つのメリット

フリーランスで常駐案件を受注する場合、以下のようなメリットがあります。

フリーランスで常駐案件を受注するメリット
①報酬が安定しやすい
②会社員よりも自由に働ける
③人脈が築ける
④規則正しい生活が送りやすい

1つずつ見ていきましょう。

①報酬が安定しやすい

常駐案件は報酬が安定しやすいというメリットがあります。リモートワーク案件でも継続案件はありますが、基本的には単発の案件である場合が多いです。

常駐案件は、1ヶ月〜3ヶ月など一定期間で契約・更新をします。報酬は契約時に定めた金額が、契約時に定めた期間ごとに支払われます。そのため、月ごとに大きく収入が変動することはありませんし、長期的にどれくらいの収入がもらえるのか目処が立ちやすいです。

契約更新をしてもらえれば、数年単位で常駐案件に関われることもあります。

②会社員よりも自由に働ける

常駐案件は、一見「会社員と変わらないのでは?」と思われる人もいるかもしれません。しかし、会社員よりも自由に働くことができます。

なぜなら会社員とは契約形態が違うためです。常駐案件で結ぶ契約は、業務委託契約であり、「使用従属性」はありません。要するに、会社員のように会社の指示や規則に必ずしも従う必要性はないということです。

そのため、働く時間や場所、服装などは契約先の会社と相談しつつ、自由に決められます。また会社と同等のパートナーとしての契約であるため、会社内の人間関係など会社員ほど気にせずに働けるでしょう。

ただし、業務委託契約書に書かれている内容については、契約を結んだ時点で守る必要性はあります。業務委託契約については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

③人脈が築ける

常駐する企業内の人たちと、コミュニケーションを取る機会もあるため、人脈が築けます。常駐案件と言っても数ヶ月単位で様々な会社へ移ることも多いため、幅広い会社の人と繋がりが持てるでしょう。

フリーランスが案件を獲得する上で、人脈は非常に重要な受注経路です。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が公表している「フリーランス白書 2021」によると、フリーランスが案件を受注する経路で一番多いのは、人脈からだとわかります。

フリーランスの仕事の受注経路

常駐案件で、契約先の会社の人たちと信頼関係が築ければ、今後仕事を紹介してくれる可能性が高まりますので、コミュニケーションも丁寧に行うようにしましょう。

④規則正しい生活が送りやすい

常駐案件を行っていると、規則正しい生活が送りやすくなります。リモートワーク案件の場合は、働く場所も働く時間も決まっていないため、生活リズムが崩れてしまうフリーランスも数多くいます。

常駐案件は、自由にできる部分もありますが、働く場所や働く時間をある程度契約先の会社に合わせる必要があるため、自然と生活リズムが整うでしょう。また正社員のように、残業をさせられることも基本的にはないため、プライベートの時間も確保しやすいと言えます。

フリーランスで常駐案件を受注する3つのデメリット

フリーランスで常駐案件を受注する3つのデメリット

フリーランスで常駐案件を受注する場合、以下のようなデメリットがあります。

フリーランスで常駐案件を受注するデメリット
①会社員よりも成果を求められる
②契約をいきなり切られる場合もある
③スキルアップにつながりづらい
それぞれ見ていきましょう。

①会社員よりも成果を求められる

常駐案件を請け負うフリーランスは、会社員よりも成果を求められることが多いです。なぜなら、会社側は一定の成果を出すために実力のあるフリーランスに業務を委託するためです。

会社員であれば、仕事で成果が出せなくても解雇される可能性は低いですが、フリーランスの場合は契約を終了されてしまう可能性が高くなります。そのため、常駐案件を選ぶ際には、自分の実力に見合ったものを選ぶ必要があるでしょう。

②契約をいきなり切られる場合もある

契約書の内容によりますが、契約をいきなり切られてしまうケースもあります。会社が求めていた成果が得られなかった時はもちろん、プロジェクトの進行状況や会社の業績などによっても、契約終了になることも考えられます。

業務委託契約書に契約期間に関することは書かれていますので、どのような場合に契約期間内でも契約終了になることがあるのか、契約先の会社と話し合っておくようにましょう。

③スキルアップにつながりづらい

スキルアップにつながりづらいという点も常駐案件のデメリットです。会社員であれば、将来の成長を考えて、会社が教育をしてくれます。

一方、フリーランスの場合、成長することに会社側にとってのメリットはないため、教育は基本的にしてくれません。契約先の会社がフリーランスに求めているのは、成長よりも成果です。

そのため、現時点で「できること」を任されることが多く、スキルアップにつながりづらいと言えます。

フリーランスが常駐する時に注意すべき3つのポイント

フリーランスで、常駐する時に注意すべき点は以下の3つです。

フリーランスが常駐案件を行う上での注意点
①情報漏洩をしないように細心の注意を払う
②身だしなみや就業態度などに気をつける
③業務委託契約書に全て目を通す
順番に詳しく解説します。

①情報漏洩をしないように細心の注意を払う

常駐案件に取り組む際には、情報漏洩をしないように細心の注意を払いましょう。常駐案件だけではなく、リモートワーク案件でも言えることではあります。

ただ常駐案件は会社に直接行くため、リモートワークでは知ることのないような会社内部の情報を知る機会もあります。そのような情報を安易にフリーランス仲間に話したり、家族に伝えたりするのはNGです。

最悪の場合、契約先の会社から損害賠償請求をされることもありますので、絶対にしないようにしましょう。

②身だしなみや就業態度などに気をつける

身だしなみや就業態度などに気を付けるようにしましょう。会社員のように就業規則を絶対に守らなければいけない義務はありませんが、契約先の会社から不信感を抱かれないようにはすべきです。

心配なようであれば、業務委託契約を結ぶ際になるべく契約先の会社と、細かく話をしておくと無難です。常駐案件は、リモートワーク案件とは違い、自由にできる範囲は限られてくることは覚えておきましょう。

③業務委託契約書に全て目を通す

契約先の企業と業務委託契約を交わす際には、業務委託契約書に署名をする必要があります。全てを読むのは大変かもしれませんが、一度は目を通しておくようにしましょう。

契約先の会社と口頭で、報酬や契約期間、業務内容について話をすると思いますが、担当者が伝え忘れてしまったり、こちらが聞き逃してしまったりすることもあります。口頭でのやりとりでは触れなかったとしても、業務委託契約書に署名をしてしまうと、そこに書かれている内容に同意したことになり、遵守する必要が出てきます。

そのため、どのよう内容が書かれているのかは確認しておくべきです。

フリーランスが常駐案件を獲得する方法

フリーランスが常駐案件を獲得する方法

フリーランスが常駐案件を獲得するには、エージェントから仕事を紹介してもらうのが一般的です。エージェントに依頼をして、常駐案件を見つけるメリットは以下の通りです。

・報酬が高い案件を紹介してもらえる
・自分では見つけられないような案件も紹介してもらえる
・仕事を探す時間や手間を省ける
・キャリア相談をしながら、適切な案件を紹介してもらえる
・契約先とのやり取りもプロに依頼できるため、契約上のトラブルが起こりづらくなる
・1つの会社が契約終了になったとしても、次の会社の紹介もしてもらえる
・etc……

自分で見つけることもできなくはありませんが、常駐案件を受けたことがない人や営業が苦手な人などは、まずエージェントを利用して見つける方が効率的です。

ITエンジニアで常駐案件を見つけたいなら「テックビズフリーランス」

テックビズフリーランス

ITエンジニアで常駐案件を見つけたい人には、テックビズフリーランスがおすすめです。テックビズフリーランスは、ITエンジニアでは、独立経験のあるコンサルタントに無料で相談しつつ、適切な案件を探すことができます。

また、案件参画後のサポートも行っておりますので、安心して働くことが可能です。無料で利用できますので、気軽にご利用ください。

まとめ

常駐案件がおすすめのフリーランス
・企業が求めるだけの成果やスキルを持っている人
・大手企業の案件に参画したい人
・人脈を築きたい人
・幅広い経験を積みたい人
・家では仕事のモチベーションが保ちづらい人

フリーランスが常駐案件を受注するメリットが多々あります。収入を安定させやすいですし、会社内で働くため、人脈を築きやすいです。

ただし、リモートワーク案件よりも自由にできる範囲は狭くなるため、自分に合うかどうか検討するようにしましょう。

常駐案件を獲得する方法として一般的なのは、エージェントを利用することです。テックビズフリーランスでは、無料で常駐案件の紹介も行っていますので、ぜひご利用ください。