フリーランスに向いている人の特徴5つ!向き不向きが判断できない場合の対処法も解説

・フリーランスの向き不向きはどうすればわかる?
・フリーランスに向いている人の特徴は?
・フリーランスに向いているかどうかわからない場合はどうすればいい?

フリーランスになりたいと漠然と思っていても、自分に向いているかどうかわからず、不安を抱くこともあると思います。また何を元に向き不向きを判断すればいいかもわからず、八方塞がりになっているかもしれません。

この記事では、フリーランスに向いている人の特徴を5つ紹介していきます。またフリーランスに自分が向いているかどうかもわからないとい人に向けて、どう対処すべきかもお伝えしますので、参考にしてください。

フリーランスへの第一歩を踏み出せるようにしていきましょう。

フリーランスに向いている人の特徴

フリーランスに向いている人の特徴

フリーランスに向いている人の特徴を5つ紹介します。

フリーランスに向いている人の特徴
①主体性がある人
②自己管理能力がある人
③成果主義の考え方ができる人
④1人で働くことが嫌いではない人
⑤リモートワークが慣れている人

それぞれ順番に見ていきましょう。

①主体性がある人

フリーランスには主体性が必要です。フリーランスの仕事は、会社員のように指示をされて行うのではなく、自分で考えて自分で行動する必要があります。

誰かが仕事を与えてくれるわけではないので、自分で仕事を獲得しなければいけませんし、クライアントから仕事を依頼された時にも、求められている成果を出すために自分で考えて、行動に移さなければいけません。

また仕事上の責任も全て自分にあるため、何かトラブルが発生した際にも自分で対処する必要があります。会社員のように会社が自分を守ってくれるわけではないのです。

そのため、主体的に物事を考え、動ける人でなければ、フリーランスとして働くのは難しいでしょう。

②自己管理能力がある人

働く時間や働く場所が決められていない分、自己管理能力はフリーランスに必須です。主体性とも近いかもしれませんが、仕事にいつ取り組むか、どこで働くなどを自分で決めなければいけません。

言ってしまえば、フリーランスはサボろうと思えば、いくらでもサボれます。ただサボってばかりいると、納期までに成果物を出せなかったり、出せたとしてもクオリティが低いものになってしまったりしがちです。

そのような状況になると、クライアントからの信頼を損ね、契約を解除されてしまう恐れもあります。スケジュール管理はもちろん、仕事の質が落ちないように自分を管理していく必要があります。

体調管理も自分で行う必要がある

フリーランスは、体調管理も自分で行う必要があります。会社員とは違い、病気や怪我をして休むとなっても、補償されないためです。

病気や怪我をして、仕事を休んでしまうと、フリーランスの場合、収入は0になってしまいます。貯金や保険に入っている人であればいいかもしれませんが、それも自分で備えておく必要があります。

また、会社員であれば、会社から定期的に健康診断を受けるように指示がありますが、フリーランスは健康診断も自分で受けるかどうか決めなければいけません。なるべく健康診断は受けるようにして、自分の体調を把握しておくことが必要です。

③成果主義の考え方ができる人

フリーランスの世界では、成果が全てです。会社員のように「〇〇日で△△時間働いたから給料がこれだけ出る」ということはありません。

例え、毎日休みなく10時間働いていたとしても、クライアントが求める成果が出ないなら報酬はもらえません。逆に、1日に2時間しか働いていなくても、クライアントが求める成果が出せるなら報酬をもらえます。

成果主義の考え方ができないと「これだけ頑張ったのに、これだけしか報酬がもらえないのか」と、フリーランスになってから辛い思いをすることが多々あるでしょう。

④1人で働くことが苦ではない人

フリーランスの仕事は基本的に1人で行います。もちろんクライアント先の担当者とやりとりを交わすことはありますが、実際に作業を行う時には1人です。

近くに雑談や相談できる相手がいないと、孤独を感じる人もいるでしょう。そのため、ある程度1人で作業をするのが苦でない人の方が、フリーランスに向いていると言えます。

とはいえ常駐案件という、会社員と同じように勤務地に出向いて仕事をする場合もあります。リモートワーク型の案件に比べると自由にできる点は限られてしまいますが、1人で仕事をするのが嫌な人は選択肢のひとつとして考えておきましょう。

⑤リモートワークが慣れている人

フリーランスの仕事の多くは、リモートワーク型の案件です。そのため、リモートワークに慣れている人の方が向いていると言えます。

リモートワークでは、クライアントとのやり取りは基本的にチャットやビデオ会議で行います。対面でやりとりを交わす機会はほとんどありませんので、それらのツールの操作に慣れておかなければなりません。

フリーランスに向いているかどうかわからないなら

フリーランスに向いているかどうかわからないなら

自分がフリーランスに向いているかどうかわからないと思われるなら、とりあえずフリーランスとして働いてみることをおすすめします。実際に働いてみないことには、フリーランスに向いているかどうかを判断することは難しいからです。

とはいえ、いきなり会社を辞めて、独立するのはハードルが高いですよね。そこでおすすめなのが副業です。

会社員として働いているのであれば、土日だけフリーランスのような働き方を試してみましょう。短い期間だけでも実際にフリーランスのように働いてみることで、発見できることはあるはずです。

いきなり独立が不安という人はぜひ検討しみてください。

副業でフリーランスとして働くために

副業でフリーランスとして働くためには、案件を獲得しなければいけません。フリーランス未経験の人でも案件を見つける方法としては、以下のようなものが挙げられます。

・クラウドソーシングサイトを利用する
・エージェントを活用して、副業案件を紹介してもらう
・知人でフリーランスをやっている人の案件を手伝う
最初は高単価の案件を獲得することは難しいと思います。フリーランスとしての働き方を体験するお試し期間だと捉えて、単価にはあまりこだわらずに、できることから挑戦してみてください。
実際に取り組んでみて自分には向いていると思えたら、仕事を複数受けてみたり、高単価の案件にチャレンジして、徐々に力を入れていきましょう。
テックビズフリーランスではITフリーランス向けの案件を紹介しています。
テックビズフリーランスはITフリーランス向けに、案件紹介や税務サポートなどをしているエージェントです。独立経験のあるコンサルタントが親身にサポートしますし、無料で相談できますので、ぜひ一度利用してみてください。

フリーランスになりたい人がよく誤解していること

フリーランスになりたい人がよく誤解していること

最後にフリーランスになりたい人がよく誤解していることを紹介していきます。フリーランスの活動を始める前に知っておくことで、過度に失望することがなくなりますよ。

フリーランスになりたい人がよく誤解していること
①フリーランスになれば収入が上がる
②フリーランスになれば自由になれる
③煩わしい人間関係から解放される
それぞれ詳しく解説していきます。

①フリーランスになれば収入が上がる

フリーランスになれば必ず収入が上がるかと言えば、そうではありません。フリーランスになり、会社員時代の収入を大きく上回る人がいるのは事実ですが、逆に下がっている人もいます。

収入を上げるためには、スキルアップをして実績を積み上げたり、営業活動をして単価の高い案件を獲得したりなど、努力が必要です。会社員のように、長く勤めていれば自然と収入が上がっていくことは決してありません。

収入が上がるかどうかは自分の実力次第です。過度に期待し過ぎず、自分の実力ならどれくらい稼げそうなのか仮説を立てておくといいでしょう。

②フリーランスになれば自由になれる

フリーランスになれば、基本的には働く時間も働く場所も自由です。何時に起きて、どこで仕事をしても問題ありません。

そのため、一見自由なようにも思えますが、実際はそうとは言い切れません。納期に追われているフリーランスが多いですし、自由に過ごしていると収入が安定せず、生活できなくなってしまいます。

中には、会社員時代よりも働いていて、休日をとることもままならないフリーランスもいます。自由にできる部分は確かにありますが、会社員と同じぐらい、もしくはそれ以上に仕事をしなければいけない場合もあることは、頭に入れておきましょう。

③煩わしい人間関係から解放される

フリーランスになれば、会社員のように会社の人たちと付き合う必要がなくなると思われるかもしれません。実際会社のような組織に属すわけではないため、人間関係からは解放されるとも言えます。

しかし、一方で人間関係が希薄になり過ぎて、孤独感を抱いてしまう人もいます。仕事で困ったことがあっても誰にも相談できず、1人で解決しなけれないけません。

もちろんフリーランスであってもクライアントとのやり取りは必要ですので、そこで人間関係に悩む人もいます。会社員の時のような人間関係には悩まされないかもしれませんが、フリーランスになっても違う人間関係の悩みを持つことがほとんどです。

人間関係に苦しむ可能性があるという点では、会社員もフリーランスもそれほど変わらないと思っておく方がいいでしょう。

まとめ

フリーランスに向いている人の特徴
①主体性がある人
②自己管理能力がある人
③成果主義の考え方ができる人
④1人で働くことが嫌いではない人
⑤リモートワークが慣れている人

フリーランスは、自分で決めなければいけないことばかりです。そのため、主体性や自己管理能力が求められるでしょう。

また成果を出さなければ報酬がもらえない点や1人で働くことが多くなる点、リモートワークで働くことが多くなる点など、会社員と違う点が多々あります。これらが許容できる人であれば、フリーランスになっても楽しく働けるはずです。

とはいえ、実際に働いてみないと自分に合っているかどうかはわからないものです。まずは副業という形で、フリーランスのような働き方を試してみるといいでしょう。