フリーランスが後悔する7つのこと|解説方法もあわせて紹介!

・フリーランスになって後悔しない?
・会社員を辞めない方がいい?
・フリーランスとして本当にやっている?

フリーランスへの転身を考えているものの、「本当に会社を辞めてしまっていいのだろうか」と不安に感じることもあるでしょう。一見フリーランスはあらゆることが自由で、楽しく働けそうですが、実際はそうではありません。

会社員と比べて大変になることが多々あります。とはいえ、事前に知っておけば対処できることもあるはずです。

この記事ではフリーランスになって後悔することを詳しく解説しています。後悔しないために意識しておくべきポイントもお伝えしますので、参考にしてください。

フリーランスになって後悔する7つのこと

フリーランスが後悔する7つのこと

フリーランスになって後悔する代表的な7つのことを紹介します。解決法も一緒に載せてありますので、参考にしてみてください。

フリーランスになって後悔する7つのこと
①収入が安定しない
②休みが取れない
③社会的信用が得にくい
④スキルアップが難しい
⑤仲間ができず、孤独感を感じやすい
⑥将来が不安で仕方ない
⑦税金の計算を自分でやらないといけない
それぞれ見ていきましょう。

①収入が安定しない

フリーランスは収入が安定しないため、それを後悔する人もいます。フリーランスの仕事の多くは、単発になります。

会社員のように自動的に仕事が次々にふってくるわけではないので、単発の仕事が終わったら新規の案件を自分で獲得しなければなりません。

また継続案件であったとしても、契約期間が決まっていて、その期間が終わってしまえば新しい仕事を獲得する必要があります。クライアント都合で途中で終了してしまうこともあり、いきなり収入が減ってしまうこともあるでしょう。

解決法:収入が「生活費+貯金」ができるぐらい仕事を受注しておく

生活費ギリギリの仕事量ではなく、生活費+貯金」ができるぐらいの収入が得られるように仕事量を調整しましょう。いきなり収入が減ってしまう、なくなってしまうことも想定しておき、貯金はしておくべきです。

何も収入がなくても、半年〜1年ぐらいは生活ができるだけの貯金があると、安心です。仕事を多く受注するためには、継続的な営業活動が必要です。

現在仕事に困っていない場合も、より単価の良い案件はないか、継続的に働ける案件はないかなど常にアンテナを貼っておくようにしましょう。

②休みが取れない

フリーランスによっては仕事が大量にあって、休みが取れないと嘆く人もいます。フリーランスは働く時間が自由で、休みも自由に取れると思われるかもしれません。

ですが、仕事量や案件によっては会社員よりも休みが取れない人もよくいます。仕事が大量にあることはいいことですが、休みが取れずにずっと働きっぱなしだと、体調や精神に異常をきたし、仕事ができなくなってしまいます。

仕事ができなくなると収入がなくなってしまうため、フリーランスとして生活していくことも難しくなってしまうでしょう。収入と仕事量のバランスをうまく調整して、休みが取れる働き方をすべきです。

解決法:クライアントに単価交渉をしてみる

収入のために仕事をいっぱい獲得していて休みが取れないという人は、単価交渉をクライアントにしてみるといいでしょう。単価の安い案件ばかりをこなしていると、収入を上げるためにどうしても仕事量を増やさなければならなくなります。

なるべく単価の高い案件をこなしていけば、収入は上がり、仕事量は減るため、休みを取れる働き方ができるでしょう。実績やスキルがない時は仕方のないこともありますが、働いていてお金や労力、時間的に苦しくない条件の案件を得るようにしましょう。

徐々にでいいので、単価の低い案件は受けないようにすることを意識していきましょう。

③社会的な信用を得にくい

フリーランス は、会社員に比べて社会的な信用を得にくく、クレジットカードの作成や賃貸契約などができずに困ることもあるでしょう。会社員のうちに手続きを済ませておけば良かったと後悔する人もいるようです。

特にフリーランスとして独立したてだと、売り上げもそれほどないですし、フリーランスとして税務申告をしていない状態なので、クレジットカードや賃貸契約の審査に通るのは非常に難しくなります。フリーランスとして活動して、数年経ち、ある程度収入がある状態であれば困ることはなくなるでしょう。

解決法:フリーランスになる前にクレジットカードや賃貸契約は済ませておく

フリーランスになる前にクレジットカードや賃貸契約は済ませておくようにしましょう。副業などである程度収入を得ていて、確定申告もしたことがある人なら別ですが、実績があまりない状態でフリーランスとして独立するなら先に済ませておくほうが無難です。

事務所がないと成り立たないビジネスでフリーランスになるなら、賃貸契約は必須です。フリーランスとして独立する日にちから逆算して、いつごろ契約するといいか考えておきましょう。

クレジットカードは必須ではありませんが、フリーランスになってからお金の管理をするのに、クレジットカードがあると便利です。事業用と生活用と使い分けられるように、2種類は持っておくといいでしょう。

④スキルアップが難しい

フリーランスはスキルアップする機会が会社員より少なく、後悔する人もいるようです。会社員であれば、上司からフィードバックをもらったり、新しい仕事に取り組んだりする機会が多々あります。

フリーランスの場合はクライアントからフィードバックをもらえる機会もそれほどなく、自分が得意な案件、できる案件を中心に仕事をするため、なかなかスキルアップができないと悩むこともあるでしょう。

ただスキルアップをしていかないと、新しい仕事を獲得できなかったり、仕事の単価が上がらなかったりして、ジリ貧になってしまいます。フリーランスにとってスキルアップは必須とも言えるでしょう。

解決法:セミナーや講座などに参加して、自分でスキルアップの機会を作る

セミナーや講座などに積極的に参加して、自分でスキルアップの機会を作ることがフリーランスには求められるでしょう。とはいえ闇雲に受けても、あまり意味がありません。

セミナーや講座に参加する場合は、目的をはっきりさせて参加することが大切です。「どのスキルを伸ばしたいのか?」「参加することでどういう成果を挙げられればいいのか?」などを明確にし、目的を達成できそうなセミナーや講座に参加するようにしましょう。

また、セミナーや講座に参加すれば、その運営元やそこで知り合った人から仕事を紹介してもらえる可能性もあります。運営元や他の参加者と積極的に交流することも意識しておくといいでしょう。

⑤仲間ができず、孤独感を感じやすい

フリーランスは1人で業務に励むことも多く、孤独で辛いと感じる人もいます。会社員であれば同僚や上司と気軽に話せますが、フリーランスに転身すると一緒に働く仲間が基本的にはいません。

クライアントと頻繁にやりとりをする案件もありますが、業務に関することが主で、気軽な相談はできないことが多いでしょう。クライアント以外のつながりを作る必要があります。

解決法:同業のフリーランス仲間を作る

孤独感を感じる人は、同業のフリーランス仲間を作るといいでしょう。セミナーや講座、オンラインサロンなどに参加をすると、同じ業種のフリーランスとつながる機会がたくさんあります。

同じ業種の人であれば、クライアントには相談しづらい仕事に関することを相談できます。特にフリーランス歴が長い人と仲良くなれれば、経験をもとに的確なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

フリーランスの人が集まりやすい、コワーキングスペースやカフェなどを利用するのもひとつの手です。自分に合った方法で、仲間を見つけるようにしましょう。

⑥将来が不安で仕方ない

フリーランスとしてこの先やっていけるのか、将来を不安視してフリーランスになったことを後悔する人もいます。収入が安定しないこと、休みが取れないこと、スキルアップや仲間を作るのが難しいことなど、今までのお伝えしてきた内容のいくつかを掛け合わせて、将来に不安を抱いてしまうこともあるでしょう。

会社員に比べると、フリーランスは社会保障も手薄です。将来もらえる年金は少ないですし、病気になったときの保険などもないため、不安に感じる人もいるようです。

解決法:将来を具体的に思い描き、リスクに対して自分で備えておく

フリーランスは会社員よりも将来を具体的に思い描き、リスクに対して自分で備えておく必要があります。「何年後までにどんな仕事をして、どれくらいの収入を得ておくか」「病気や年齢などで働けなくなった場合、どのように生活をするか」などをなるべく具体的に考えておきましょう。

老後のことや働けなくなったときのことが心配なら、自分で個人年金や就業不能保険に加入するなどして、リスクに備えておくことが大切です。フリーランス向けに提供されている個人年金や就業不能保険もありますので、自分に合うものを探してみてください。

⑦税金の計算を自分でやらないといけない

会社員の場合は会社がやってくれていましたが、フリーランスの場合、確定申告を自分でしなければいけません。専門知識が必要であり、時間もかかるものなので、確定申告の作業はフリーランスにとってかなり負担になります。

フリーランスに転身したての人だと特に経験がないため、より時間も手間もかかるでしょう。毎年2月〜3月にかけて確定申告はする必要がありますが、なるべく早い内から準備をするようにしてください。

解決法:税理士に頼む、もしくは会計ソフトを使って自動化する

確定申告は専門的な知識が必要なので、苦手な人は税理士に頼んでしまうのが、一番楽で安心できる方法です。税理士に頼めば、確定申告にかかる時間を本業にあてることができます。

またお金の管理の仕方などもアドバイスがもらえるため、経済的な不安も軽減されるでしょう。ただ費用が高いため、自分で確定申告をしたい人もいるはずです。

その場合は会計ソフトなどを使ってできる限りの作業を自動化するようにしましょう。クレジットカードや口座を連携すれば、自分で入力しなくても勝手に登録してくれるため楽です。

確定申告の際は、自動的に入力されている情報をもとに行えば、手間が省け、簡単に必要書類を作成できるでしょう。

フリーランスになって後悔しないために意識しておくべき3つのポイント

フリーランスになって後悔しないために

ここからは、フリーランスになって後悔しないために意識しておくべき3つのポイントをお伝えします。

フリーランスになって後悔しないために意識しておくべきポイント
①自己管理を徹底する
②自己投資を惜しまずする
③相談できる相手を探しておく

それぞれ見ていきましょう。

①自己管理を徹底する

フリーランスになって後悔しないために、自己管理を徹底しましょう。フリーランスは働く時間や量、お金、スケジュール、体調などあらゆる面を自分で管理する必要があります。

テキトーに管理をしていると、経済的に困窮したり、仕事が上手く回らずクライアントに迷惑をかけてしまったりしてしまいます。フリーランスになる前から、それぞれどのように管理をしていくのかを考えておくといいでしょう。

②自己投資を惜しまずする

自己投資も惜しまずするようにしましょう。フリーランスは、自分のスキルや実績が仕事を獲得する上で何より大切です。スキルアップをするための自己投資は惜しまないほうが、結果的に自分にとってメリットがあるでしょう。

また、仕事を効率化するためのツールや自分にとって苦手な仕事を誰かに任すための費用などもなるべく惜しまないようしてください。本業に集中して、効率よく回せれば、投資した分は回収できるはずです。

自己投資する際は、「どのようなスキルを身につけるのか」「どのような成果を上げるためにするのか」など目的を明確にしてからするようにしましょう。

③相談できる相手を探しておく

相談できる相手を探しておくようにしましょう。同業のフリーランスでもいいですし、お金や健康のことであれば専門家に頼るのも手です。

フリーランスになると、自己責任の部分が多く、孤独になりがちです。気軽に相談できる相手がいると、精神的にも非常に楽でしょう。

また相談できる専門家が近くにいると、自分では解決できないような問題に直面したときにも安心して対処することができます。

まとめ

フリーランスになって後悔する7つのこと
①収入が安定しない
②休みが取れない
③社会的信用が得にくい
④スキルアップが難しい
⑤仲間ができず、孤独感を感じやすい
⑥将来が不安で仕方ない
⑦税金の計算を自分でやらないといけない

後悔することは、会社員になってもあるように、フリーランスになっても何かしらは必ずあります。とはいえ、それに対してどういう風に対処するのかを事前に考えておければ、それほど深くは悩まないはずです。

フリーランスに転身を考えている人は、フリーランスになる前に後悔しそうなことを知っておき、どう対処するのか考えておくようにしましょう。

もちろんフリーランスになってよかったと感じる人もいます。下記の記事でフリーランスが楽しいと言える理由についても解説していますので、参考にしてください。