フリーランスになって後悔する人の特徴と後悔しないためにやるべきこと

・フリーランスになって後悔しないかなぁ?
・フリーランスになってイキイキと活動するにはどうすればいいかなぁ?
・会社員を辞めない方がいいのかなぁ。
・フリーランスとして独立後に楽しめるかなぁ?

上記のようにフリーランス転身に向けて、不安な気持ちを持つ人もいるでしょう。

希望を持ってフリーランスに転身したにも関わらず後悔する人生って嫌ですよね?

フリーランスとして独立をするのであれば、楽しい人生を送りたいと誰しもが思うものです。

この記事では、フリーランスになって後悔する人の特徴や後悔しないためにやるべき内容などを紹介します。

フリーランスになって後悔する人=フリーランスに向かない人

フリーランスとして働くことに向かない人は、独立後に後悔する可能性が高いです。

同じ職種の業務内容でも、会社員とフリーランスでは雇用関係や働き方、仕事で求められる内容などあらゆる面で違うからです。よって会社員時代は評価が高かった人でも、フリーランスに転身した途端、評価が下がる恐れがあります。

会社員時代の給料が高くても、フリーランスに転身をしてから報酬が高くなるとは限りません。

具体的にどういう人がフリーランスに向いていないかについては、下のリンクに載っていますので参考にしてみてください。

→参考:フリーランスの向き不向き|フリーランスエンジニアに向いてる人とは?

フリーランスになって後悔すること

ここでは、フリーランスになって後悔したと感じる事例を7つ紹介します。解決法も一緒に載せてありますので、参考にしてみてください。

①単価が安い

フリーランスの中には、会社員時代と比べて単価が安い案件ばかり請け負う恐れがあります。

単価が安い案件を請け負う理由の代表例は、ご覧の通りです。

安い案件ばかり請け負ってしまう

下記のように考えがちの人は、単価が安い案件ばかり請け負う恐れがあります。

  • 仕事が獲得できないから安い案件でもしょうがないか
  • 単価が高い仕事は能力的にできそうにないから安い案件の仕事をしよう
  • 自分の仕事の価値ってこんなもんだろう

収入が増えなかったり、単価が高い仕事をこなせる自信を持てなかったりする人は、この罠に陥る危険性があるため要注意です。安い案件は切り捨てるのも1つの手ですね。

セルフブランディングが下手

セルフブランディングとは、自分の魅せ方のことです。周囲への魅せ方が下手だと、単価が安い案件ばかり集まる恐れがあります。

改善する方法としては下記のようなものです。

  • 自分の強みが何かを見直す
  • プロフィール写真を変える
  • 自己PRの内容を見直す

自身でセルフブランディングをするのが苦手な場合は、PRのプロに一度頼むのもいいでしょう。

クライアントの言い値で仕事を受注する

単価の交渉をせず言い値で仕事を請け負う人も要注意です。

相場より安い単価の案件を依頼するクライアントの言いなりになると、安い案件の仕事ばかり抱えることになってしまいます。そういった時は、単価の交渉をすると、単価アップに成功する場合があります。

単価が安い案件を請け負う人の特徴を3つ紹介しました。

しかし、フリーランスに転身した人の単価が全員安いわけではありません。会社員時代の給料と比べて、2倍以上の報酬を獲得しているフリーランスもいます。

身の施し方次第で、報酬の額が変わるため覚えておきましょう。

②休みがない

フリーランスによっては仕事が大量にあって、休みが取れないと嘆く人もいます。

毎月1,2回程度の休みしかとれない人もいますが、フリーランスに転身をして休みを取りたい人は仕事量をしっかり調整しましょう。

休みをとらずに働き続けると、体調を崩して仕事ができなくなって、収入が0になる恐れがあるため注意が必要です。

③孤独が辛い

フリーランスは1人で業務に励むことも多く、孤独で辛いと感じる人もいます。

会社員であれば同僚と話せますが、フリーランスに転身すると同僚はいません。孤独が辛いと感じる人の中には、精神的に滅入る人もいます。

孤独が苦手な人は、フリーランス仲間など気軽に話せる人がいると精神的に落ち着くこともあります。

④クレジットカードが作れない

フリーランスに転身をした後に、クレジットカードを作れず後悔する人もいます。フリーランスは、会社員と比べて収入が不安定であるため、申込時の審査に通過しづらいです。

なかには、会社員時代にクレジットカードを作った後に、フリーランスへ転身する人もいます。

⑤賃貸の審査が通りづらい

フリーランスに転身後、賃貸を借りられずに後悔する人もいます。

クレジットカードの審査と同様、賃貸の審査においてもフリーランスは不利です。独立初年度だと、フリーランスとしての実績がないため、余計審査に通りづらいこともあります。

フリーランスに転身してから住める場所を会社員時代に見つけておけば、苦労することは少ないでしょう。

またエージェントに仕事を探してもらうと収入証明書を出してもらえるので、その証明書を提出することで賃貸の審査を通すことも可能です。

⑥自分で仕事を営業する必要がある

営業活動に疲れて、フリーランス転身後に後悔する人もいます。会社員時代と違って、自分で仕事を探さなければなりません。

仕事がなかなか見つからず、中には焦りや不安に襲われる人もいます。仕事をこなせるスキルはあっても、営業活動が高いハードルとなってビジネスが順調に回らないケースがあるためです。

自身で営業活動を行うのが苦手な人は、フリーランスに求人を紹介するサービスを使うと、営業の手間が省けます。

⑦お金の管理をする必要がある

フリーランスの仕事をすると、収入にばらつきが出やすいです。

収入が減っても生活を送り続けるという意味でも、お金の管理は大事です。その他にクライアントへの請求や税金の支払い、確定申告なども原則自分で行う必要があります。

つまり、独立後に必要なお金回りの作業についても調べた方がいいということです。確定申告や税金関連の知識をお持ちでない人は、専門的な知識を持っている税理士へ相談することをおすすめします。

フリーランスが後悔しない方法

フリーランスに転身をするのであれば前章であげたような「後悔した」と感じる瞬間をなくしたいですよね?

最後の章では、フリーランス転身後に後悔しないためのコツを3つ紹介します。

①フリーランスエージェントをしっかり選ぶ

フリーランスエージェントを利用する場合は、自身に合うサービスを提供してくれる場所を選びましょう。たとえばTech Bizでは、大量の取引実績を活かしてフリーランスのエンジニアとして活動したい人向けの求人を豊富にそろえています。

その他に、登録者が参加できる勉強会などもご用意しているため、仕事のスキルを上げたい人が多く利用しているエージェントです。

「求人探し+スキルアップ」を目指している人は、活用してみてはいかがでしょう。

②自分を安売りしない

「相場より低い報酬で仕事を請け負う」ことはよくありません。

習慣化すると、安い単価で仕事を請け負う癖がついてしまって単価を上げるのが難しくなるからです。

クライアントによっては、不当に安く仕事を依頼されることもあるため、自信を持って自分を売り込みましょう。

③フリーランス仲間を作って情報交換や交流をする

フリーランス仲間で情報交換や交流をするのも大事です。スキルアップにつながったり、取引先を紹介してもらったりする可能性があるからです。

国内のフリーランス事情を把握するために大事な場ですので、積極的に情報交換や交流を行いましょう。

まとめ

今回はフリーランスになって後悔する人の特徴と後悔しない方法をテーマに解説しました。まとめると下記の通りです。

✓フリーランスになって後悔すること
①単価が安い
②休みがない
③孤独が辛い
④クレジットカードが作れない
⑤賃貸の審査が通りづらい
⑥自分で仕事を営業する必要がある
⑦お金の管理をする必要がある
✓フリーランスが後悔しない方法
①フリーランスエージェントをしっかり選ぶ
②自分を安売りしない
③フリーランス仲間を作って情報交換や交流をする

フリーランスへの転身を後悔しないために、上記のことを意識して行動に移しましょう。

また、フリーランスに転身するか迷っている人は、エージェントの担当者に相談をすると、ヒントが見つかることもあります。充実した人生を送るためにも、いろいろなサービスを活用してみてください。

最新情報をチェックしよう!