エンジニア向け確定申告が楽になるスマホアプリおすすめ8選

・確定申告の領収書を簡単に保管するコツってあるの?
・確定申告で便利なアプリってないの?
・経理の知識がないから、簡単な会計アプリが良いのかな?

上記のお悩みを持つエンジニアもいるでしょう。

確定申告を税理士に頼む手もありますが、一般的に数十万円の費用が発生するため、懐事情が厳しい人にとっては、税理士への依頼は厳しいです。

でも、ご安心ください。

現代では確定申告をしたことがない人も、気軽に使えるアプリが複数存在します。

そのため会計知識がない人が、自分で確定申告をすることも可能です。

そこで今回は、独立したてのエンジニア向けに、確定申告の概要を簡単に解説しつつ、確定申告がラクになるアプリを紹介します。

確定申告の概要

確定申告とは1年間の税額を決める手続きで、毎年2月16日から3月15日の間に済ませる必要があります(土日祝日の場合は期間が変わります)。

フリーランスのエンジニアは、個人事業主に該当するため、原則行わなければなりません。

確定申告をしなかった場合は、法律違反となり延滞税や加算税などが発生します。

この状況になると、本来の税額よりも多く支払わなければならなくなるため、無申告はNGです。

なお、確定申告をした人は「白色申告」と「青色申告」に分けられます。

白色申告者には通常の所得控除しか設けられていませんが、青色申告者は「青色申告特別控除」と呼ばれる所得控除制度が利用できます。

「青色申告特別控除」を利用した場合、年間の所得から最大65万円控除されるため、節税効果を大きくしたい人は、青色申告者になった方が良いでしょう。

青色申告で申請する方法は、こちらの記事にも載っていますので、ご覧ください。

関連記事:フリーランスの青色申告の仕方を解説!概要・メリットとは?

領収書と確定申告の関係性

確定申告をする時は、領収書について知っておく必要があります。

なぜなら確定申告をする人は、必ず領収書を保管しなくてはいけないからです。

白色申告対象者の場合は、その年の確定申告終了後から5年間。

青色申告対象者は、一昨年の所得が300万円以下であれば5年間、300万円を超えていた人は7年間の保管が必要です。

青色申告対象者は、税務調査時に領収書を保管していなかったことが発覚すると、青色申告の権利をはく奪される場合があります。

その場合、過去に確定申告した分においても、青色申告特別控除を利用していない状態で、再度計算し直されるため、注意が必要です(計算し直される年数は、状況によって異なります)。

領収書を保管する方法

領収書を保管する方法は、大きく2つあります。

ここでは、保管方法を見てみましょう。

書面(紙)

1つ目は、領収書を紙媒体で保管する方法です。

クリアファイルなどに、年度ごとでまとめて保管する方法が一般的です。

オンライン上

2つ目は、オンライン上で領収書を保管する方法です。

コンピュータやクラウドなどを活用して保管します。

領収書をPDF化したり、撮影したりすると、オンライン上で保管できます。

スマホで領収書を管理するのが簡単

領収書はスマホを活用してオンライン上で保管・管理するのが簡単です。

ここでは、スマホで領収書を管理するメリットを紹介します。

領収書の管理がラク

スマホで領収書を管理する場合、部屋の中に保管するスペースを設ける必要はありません。

領収書を探したい時も、日にちやファイル名などを入力すれば、短時間で見つけられます。

保管時や探す時の手間を考えると、スマホで領収書を管理する方がラクです。

逆に、領収書を紙で保管する時は、保管スペースを作らなければなりません。

部屋が狭い場合、全ての領収書を保管しきれない場合もあります。

さらに、保管してある領収書がたくさんあると、探す時に手間がかかります。

雑務を効率的に行うためにも、スマホでの保管が便利といえるでしょう。

荷物にならない

スマホで領収書保管すれば、領収書が必要になった時に持ち歩く必要がありません。

領収書を保管したスマホを持参すれば、移動先でプリントアウトできるからです。

「必要な領収書が多すぎて持ち運べない」という状況にもならないため便利です。

紛失するリスクが低い

スマホでの保管であれば、オンライン上のデータが消えない限り、領収書を紛失することはありません。

仮に、プリントアウトした領収書がなくなったとしても、スマホ上より再度印刷できます。

よって、紙で領収書を保管している場合と比べて紛失するリスクが低いです。

一方、紙で保管した場合、間違ってゴミと一緒に捨てたりファイルから領収書が抜け落ちてしまったりする場合があります。

これらが紛失のリスクに繋がるのです。

請求書を紛失して、その他のエビデンスがない場合、経費として認めてもらうのは難しいです。

そのような状況を起こさないためにも、スマホで管理して紛失のリスクを減らすのは有効といえます。

スマホで領収書を保管する時の注意点

スマホで領収書を保管するのは便利ですが、いくつかの注意点もあります。

領収書をオンライン上で保管する時の注意点を3つ見てみましょう。

スマホにセキュリティソフトを入れておく

外部に情報漏洩する確率を下げるために、スマホにはセキュリティソフトを入れておきましょう。

セキュリティソフトが搭載されているスマホを使うと、情報漏洩が起こるリスクを減らせます。

セキュリティソフトの中には、1つのIDで複数のパソコンやスマホにダウンロードできるものもあります。

ただし、セキュリティソフトの中にはダウンロードした会計アプリが危険だと判断し、ブロックするケースもあるため、ご注意ください。

誰でも読み取れるように撮影

領収書を撮影する時は、誰でも読み取れるように撮影してください。

見えづらい状況で撮影すると、自動仕訳入力が使えなかったり、どんな内容の領収書か分からなくなったりするからです。

税務調査時に調査官へ提供した領収書の字が読めない状況だと、その経費を却下されることもあります。

経費が減れば利益が増えるため、支払う税額は増えます。

不利益を被らないためにも、誰が見ても分かるように撮影しましょう。

税務署に電子管理の申請をする

誰でもスマホ上で領収書を保管しては良いわけではありません。

スマホやパソコンなどのオンライン上で領収書を保管する時は、必ず「電子管理の届け出」が必要となります。

これは「電子帳簿保存法」で、法律が定められています。

電子帳簿保存法とは1998年に制定された法律で、コンピュータなどの電子上で帳簿を保存することについて謳っています。

届け出をしていないフリーランスは、紙媒体で領収書を保管しなければなりません。

なお、届け出は「国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請書」を税務署へ提出して、承認を受けたらOKです。

提出期限は電子保存を実施する3カ月以上前ですが、新たに業務を開始(独立)したフリーランスについては、2カ月以上前の提出となっています。

クラウド会計アプリが主流

パソコンに会計ソフトをダウンロードして、領収書を管理する人もいます。

しかし現在は、クラウド会計アプリを使って、スマホやブラウザ上で管理する方法が、主流になりつつあります。

スマホに保管すれば、手元にパソコンがなくても外出先で領収書の内容を閲覧できるため便利です。

しかもスマホは普段持ち運ぶものですので、荷物に感じることもほぼないでしょう。

クラウド会計アプリの中には、スマホのみで確定申告の処理を完結できるものもあります。

確定申告におすすめアプリ8選

そうはいっても、クラウド会計アプリの種類は多岐にわたります。

ここでは、確定申告でおすすめのアプリを8種類見てみましょう。

領収書が保管できるアプリとできないアプリがございますので、比較しながら読んでみてください。

freee

freeeは、2012年7月に設立された会社「freee株式会社」が運営している会計アプリです。

設立から日は浅いものの、クラウド会計ソフトのパイオニア的な存在として、業界内で知られている会社です。

レシートなどの領収書を撮影すると、アプリ内に保管されます。

なお、freeeには3つの特徴があります。

仕訳の自動入力

freeeには、レシートの金額、日付、内容を見て、仕訳入力してくれるプログラムが組まれています。

そのため、会計の知識がない人でも使いやすいです。

クレジットカードの引き落としや、口座振替のデータにおいても、同様のサービスがあります。

入出金明細を知らせてくれる

クレジットカードや口座振替の情報を連携させると、入出金明細を通知するサービスもあります。

支払い漏れを防ぎたい人、報酬の振込日をいち早くついて知りたい人にはピッタリです。

他のアプリと連携できる

会計freeeでは、Squareなど他のアプリとの連携も可能です。

したがって、データを一元化したい人にも向いています。

複数のアプリを使って、収支の管理をしている人も、freeeにまとめると管理がラクかもしれません。

マネーフォワード

マネーフォワードは、家計簿をつけるアプリの中でも利用率が高いです。

こちらの会社も2012年の設立ですが、業界内での知名度もあります。

特徴は3つあります。

分析・レポート機能

マネーフォワードで入力した仕訳を元に、経営成績や財政状態などを分析する機能が付いています。

しかも分析した内容を基にしてレポートも作成されるため、財務業務の一部を担っている会計ソフトといって良いでしょう。

今月使えるお金を知らせてくれる

入力したデータを基に、今月使える残額を知らせる機能もあります。

今月使える残額を計算するのが面倒な人にとって便利です。

無意識のうちに、資金を使い込んでしまう人にとっては役立つ機能です。

収支計画を立てるのが苦手だったり、自身で立てた収支計画に自信が無かったりする人にとって役立つでしょう。

銀行口座の残高不足、カードの使いすぎを教えてくれる

銀行口座やクレジットカードをマネーフォワードのアプリに連携させると、口座の残高不足やカードの使いすぎを知らせてくれます。

そのため、自分で予算の管理をしたり、気づかない間にお金がなくなったりする人にとっては助かるでしょう。

無駄遣いを防ぎたい人に、おすすめのサービスです。

弥生会計

1978年に創業した弥生株式会社が、展開しているアプリです。

会計ソフトのイメージが強い弥生シリーズですが、現在はアプリも運用しています。

しかし、弥生会計シリーズの場合は、仕訳入力アプリと領収書を撮影して保管するアプリが分かれています。

つまり、アプリを使って仕訳の入力と領収書の撮影をしたい場合は、2つダウンロードする必要があるということです。

確定申告 Kaikei 会計ソフト

株式会社コモレビが開発した会計アプリです。

領収書の保管だけではなく経費の入力もできます。

特徴は、会計アプリの中でも値段が安いことです。

全てのサービスが年間5000円前後で利用できるため、会計アプリ代を節約したい人に、おすすめのサービスです。

その他にも、このような特徴があります。

エクセルで仕訳帳を簡単に出力できる

仕訳帳の内容をワンタップするだけで、印刷できます。

印刷時の操作を簡潔化したい人にとっては、役立つでしょう。

いち早く、仕訳帳を印刷したい人にとっては便利です。

カレンダー機能がある

アプリ内にカレンダー機能が付いており、1日ごとの入出金を把握できるようになっています。

そのため、特定の日の収支状況を閲覧したい人にとっては使いやすいです。

仕事の収支状況を逐一知りたい人に、おすすめです。

青色申告・白色申告のTaxnoteシンプルな会計アプリ

こちらのアプリは、帳簿の記入に力を入れて作られています。

片手で帳簿の入力ができるデザインになっているため、片手が塞がっていても使いやすいです。

しかも、支払った内容と科目を選択するだけで、複式簿記に対応した帳簿を作成できるため、簿記の知識がない人にも優しいです。

無料版もありますが、有料版(Taxnoteプラス:年間3500円、Taxnoteクラウド:毎月600円)を利用すると、無料版にはないオプションの利用が可能となります。

さらに、このような特徴があります。

会計ソフトへの出力が可能

仕訳帳のデータを、やよいの青色申告やfreee、マネーフォワードに反映させることが可能です。

そのため、帳簿の入力をこちらのアプリで行って、他の作業を別の会計ソフトで行う使い方ができます。

このアプリには、財務諸表(貸借対照表・損益計算書)の作成機能は付いていませんが、別の会計ソフトと上手く組み合わせると、確定申告作業の短縮が期待できます。

データのバックアップや移し替えができる

Dropbox・Evernoteに、入力した帳簿のバックアップをとれるようになっています。

さらにスマホの機種変更をした時も、データ移行機能が付いているため、入力した内容を消すことなく利用できます。

領収書管理−イジー・レシート

領収書の管理や経費に関する帳簿の作成機能が付いています。

これらのデータはPDF化やCSV化が可能です。

さらに、マイレージの距離を計測する機能も付いているため、航空券などのマイレージを貯めている人にも、使い勝手の良いアプリです。

シンプル家計簿 – 人気おこづかい帳家計簿(かけいぼ)

こちらのアプリも、株式会社コモレビが開発しました。

カレンダー上で1日ごとの収支を確認したり、毎月の収入や支出が円グラフ化されて表示されたりする制度が付いています。

毎月の課金もないため、月々の支払に抵抗がある人に、おすすめのアプリです。

必要最低限の機能しかついていませんが、それがシンプルなデザインを実現しています。

いろいろな機能が付いていて、ゴチャゴチャしているのが苦手な人も、使いやすいアプリです。

通院ノート

医療費控除や通院費用などに関する支出を管理できます。

支払った日時や医療費だけではなく、補填された金額や交通費、医療費領収書の有無、受診した医療機関なども記入可能です。

1年分の医療費をCSVで出力できるので、効率的に確定申告の準備ができるでしょう。

なお、最大で6人までアプリのデータを共有できるため、家族全員の医療費をまとめて入力したい人にも、おすすめです。

まとめ

確定申告がラクになる、会計アプリを中心に紹介しました。
まとめると、このようになります。

✓スマホで領収書を保管する時の注意点
①スマホにセキュリティソフトを入れておく
②誰でも読み取れるように撮影
③税務署に電子管理の申請をする
✓クラウド会計アプリ8選
①freee
②マネーフォワード
③弥生会計
④確定申告 Kaikei 会計ソフト
⑤青色申告・白色申告のTaxnote シンプルな会計アプリ
⑥領収書管理−イジー・レシート
⑦シンプル家計簿 – 人気おこづかい帳家計簿(かけいぼ)
⑧通院ノート

アプリを使うと、確定申告の時間を短縮できます。

本業に注ぐ時間をつくるためにも、アプリを有効活用して時間を上手く使ってみてください。