フリーランスエンジニアになるために必要な5つのこと!独立前にやるべきことも紹介

・フリーランスエンジニアにはどうすればなれる?
・フリーランスエンジニアに必要なこ中とって?
・フリーランスエンジニアとして独立する前にやっておくべきことって?
フリーランスエンジニアとして独立するのを目指している人でも、実際どうすればなれるのかわかないこともあると思います。この記事では、フリーランスエンジニアになるために必要なこと、挫折しやすい点、独立前にやっておくべきことを紹介します。
当記事を参考にして、フリーランスエンジニアとして安心して働けるようになりましょう。

フリーランスエンジニアになるために必要な5つのこと

フリーランスエンジニアに必要なこと

フリーランスエンジニアになるために必要なことは以下の5つです。

フリーランスエンジニアになるために必要な5つのこと
①ITスキル
②実績や経験
③営業力や人脈
④セルフマネジメント力
⑤税金に関する知識
順番に見ていきましょう。

①ITスキルやITに関する知識

当たり前ではありますが、フリーランスエンジニアになろうと思ったら、ITスキルやITに関する知識は必須です。プログラミングスキルはもちろん、ネットワークやサーバー、セキュリティなどITに関する知識を知っておく必要があります。

ただしITに関するスキルや知識は膨大にあるため、全てを身につけることはできません。自分がエンジニアの中でもどのようなエンジニアになりたいのかで身につけるスキルや知識は変わってきます。

例えば、エンジニアには以下のような職種があります。

・システムエンジニア
・プログラマー
・フロントエンドエンジニア
・バックエンドエンジニア
・マークアップエンジニア
・etc……
ITスキルやITに関する知識を闇雲に身につけるのではなく、自分がなりたい職種に合わせて、必要なスキルや知識をまずは身につけましょう。
エンジニアの職種については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

②実績や経験

実績や経験もフリーランスエンジニアには必要な要素です。具体的に自分にどのようなスキルや知識があり、それを生かしてどのようなことができるのかが提示できないと、なかなか案件を受注することはできません。

とはいえ、未経験でフリーランスエンジニアを目指す人もいるでしょう。未経験であっても、何かしら提示できるものはあるはずです。

例えばスクールに通っていたのであれば、そこでの制作物を提示したり、独学で学んでいた人であれば、自分で作った制作物を提示したりしてもOKです。とにかく実績や経験として何かしら提示できるものを用意しておきましょう。

③人脈や営業力

人脈や営業力もフリーランスエンジニアには必要になります。人脈や営業力がないと仕事を獲得しづらいためです。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が2020年12月から2021年1月にかけて、733名 (内 フリーランス・パラレルキャリア活動者715名)を対象に行った調査「フリーランス白書2021」では、フリーランスの主な受注経路として、人脈が69.2%、広告宣伝活動が28.7%という結果になりました。

また最も収入が得られる受注経路も人脈からが36.1%と最も高い数値になっています。

フリーランスの仕事の受注経路

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会フリーランス白書2021

このことからフリーランスエンジニアにとっても、仕事を得られるような人脈は重要であることがわかります。またそれほど割合は高くありませんが、自分での営業活動も受注できる可能性があるため、営業力はフリーランスエンジニアにも求められる力と言えるでしょう。

人脈もなく営業するのも苦手ならエージェントの利用を考えよう

フリーランス白書2021の結果にある通り、エージェントサービスを利用することも、フリーランスエンジニアが仕事を獲得するためのひとつの手段です。

ITフリーランスに最も寄り添えるエージェントである、テックビズフリーランスをぜひご利用ください。

テックビズフリーランス

テックビズフリーランスは、独立経験のある専属のコンサルタントが独立する方法をアドバイスしたり、あなたに合った案件を提案したりします。

案件参画後のサポートもしますので、まだ経験がない人や経験が浅い人でも安心してご利用いただけます。まずは無料相談でコンサルタントにあなたの現状を伝えてみてください。

④セルフマネジメント力

フリーランスエンジニアに関わらず、フリーランスであれば全員に必要になるのが、セルフマネジメント力です。フリーランスは会社員のように決まった時間や場所で働く必要がなく、ある程度自由に働くことができます。

ただ自由である分、自分で管理をしないと、仕事が予定通りに進まないことも出てきます。またスケジュールやお金に関しても会社が一切管理をしてくれないため、自分で全て決める必要があります。

誰かに雇われるわけでもないため、自分自身で自分をコントロールする力がないと、フリーランスとしては生き残っていけないでしょう。

⑤税金に関する知識

これもフリーランスであれば全員に言えることですが、税金に関する知識も必要です。会社員であれば、会社が支払うべき税金の計算や納付などを代わりにやってくれますが、フリーランスは全て自分でやらなければなりません。

日々日々の売り上げや経費の管理をし、確定申告のための帳簿や書類を作成したりなど、税金に関する業務も発生してくれることは覚えておきましょう。自分でどうしてもできない場合は、税理士さんに委託することもできます。

ただしそれなりの費用はかかってくるため、資金を貯めておくも忘れずにするようにしてください。

フリーランスエンジニアになる前に挫折しやすいこと

フリーランスエンジニア独立前に挫折しやすいこと

フリーランスエンジニアになる前に挫折しやすいことは以下の3つです。

フリーランスのエンジニアになる時に挫折しやすい3つのこと
①ITスキルを継続的に身につけられない
②仕事が見つからない
③仲間ができずモチベーションが保てない

ひとつずつ見ていきましょう。

①ITスキルを継続的に身につけられない

ITスキルを継続的に身につけられず、フリーランスエンジニアになるのを挫折してしまう人もいるようです。特にエンジニアとして働いているわけでもなく、スクールにも通わず、独学で学んでいる人に多い傾向にあります。

独学だと、行き詰まった時に相談できる相手がおらず、全て自分で解決しなければなりません。また体系的に学ぶことができずに、非効率な学習をしてしまう人もいるでしょう。

そのため、学んでも学んでも実務で必要なスキルが身につかなかったりして、途中で諦めてしまう可能性が高くなります。独学でも決して無理ではありませんが、行き詰まった時にサポートしてもらえ、効率的な知識が学べるスクールに通うことをおすすめします。

②仕事が見つからない

仕事が見つからず、フリーランスエンジニアになることを諦めてしまう人もいます。当たり前ですが、仕事がなければ、いくらスキルや知識があっても、フリーランスエンジニアとして活動し続けることはできません。

独立するほどの仕事が見つからない場合は、まず副業や転職などをして実績や経験を積み重ねることをおすすめします。

とりあえずフリーランスエンジニアとして独立するのではなく、仕事をどのように獲得するかを考え、ある程度これでやっていけそうという目処がたってから独立することをおすすめします。

③仲間ができずモチベーションが保てない

先述しましたが、フリーランスにとって人脈を作っておくことは非常に重要です。仕事の獲得につながるだけではなく、何かしら行き詰まった時に相談できる相手がいると挫折しづらくなります。

仲間がいないと孤独感に苛まれ、独立するモチベーションが保てなくなりやすいです。仲間を作るために、エンジニア養成スクールに入ってみる、フリーランスエンジニアを目指す人が集まるコミュニティに入ってみるなどの工夫が必要です。

フリーランスエンジニアに独立する前にやっておくべき3つのこと

フリーランスエンジニアが独立前にすべきこと

フリーランスエンジニアに独立する前にやっておくべきことは以下の3つです。

フリーランスエンジニアに独立する前にやっておくべき3つのこと
①貯金をしておく
②スキルシートを作成しておく
③フリーランスとして成功している人とつながりを持つ
それぞれ詳しく解説します。

①貯金をしておく

フリーランスエンジニアとして独立する前に貯金をしておくようにしましょう。フリーランスエンジニアとして独立しても、仕事が獲得できるかはわかりませんし、仕事が獲得できたとしても継続的に受注できるかはわかりません。

万が一仕事が全くない状態になることも想定して、仕事が全くなくても半年から1年間ぐらいは生活できるだけの貯金があると、安心です。そのためどれくらいの生活費が必要なのか、どれくらいの収入があれば生活が成り立つのかなどを詳細に把握しておくようにしましょう。

フリーランスとして独立できてからも、貯金は継続的に行っておくと、安心して働くことができます。

②スキルシートを作成する

仕事を受注するために、スキルシートを作成しておくようにしましょう。スキルシートとは、エンジニアのスキルや実績などを提示することに特化した履歴書や経歴書のようなものです。

エンジニアの案件に応募するときには提出を求められることが多いですし、自分から営業をするときにも資料として使えます。一度作っておけば、それを雛形にして様々な案件に合わせたスキルシートが作れるため、後々の手間を省くことができます。

具体的なスキルシートの作成方法は以下の記事を参考にしてください。

③フリーランスとして成功している人とつながりを持つ

フリーランスとして成功している人とつながりを持っておくようにしましょう。特に自分が目指すフリーランスエンジニアの人とつながれると様々な場面で相談に乗ってもらうことができます。

フリーランスの働き方は人それぞれあるため、出来るだけ複数人の人とつながれると、様々な事例が知れ、より参考になるでしょう。縁があれば、仕事を紹介してもらえる可能性もあるので、積極的に交流を持つようにしてください。

まとめ

フリーランスエンジニアになるために必要な5つのこと
①ITスキル
②実績や経験
③営業力や人脈
④セルフマネジメント力
⑤税金に関する知識
フリーランスエンジニアになるために一番大切なことは、仕事の受注経路を確保しておくことです。仕事がなければフリーランスとして継続的に活動することは難しいでしょう。
人脈や取引先などがまだない人はエージェントを活用することをおすすめします。テックビズフリーランスでは、独立経験のあるコンサルタントがあなたに合う案件を紹介していますので、ぜひご活用ください。