正社員からフリーランスエンジニアになるベストタイミングとは?

・正社員からフリーランスエンジニアとして独立しても良いタイミング、目安を知りたい。
・フリーランスをしたことがない人間でも独立して大丈夫?
・脱サラして独立したいけど不安…。

エンジニアの中には、会社員で働いていたもののフリーランスとして独立する人もいます。独立後に収入を上げた人がいる一方、下がった人がいるのも事実です。収入に影響を与える一つの理由が「独立するタイミング」です。収入を増やすには独立するタイミングによって、案件の獲得率が変わることを頭の片隅に入れておいた方がいいです。

そこで今回は、正社員からフリーランスになるタイミングについて解説します。

正社員からフリーランスとして独立する時に不安になるのは当然

フリーランスとは、会社に所属せず働く人のことです。一般的には「個人事業主」と呼ばれています。正社員の中には脱サラしてフリーランスの道を歩みたいとは思っているものの、不安な気持ちを抱える人もいるようです。しかし会社員とフリーランスは働き方が違うので、不安な気持ちを持つのは不思議なことではありません。

不安になる代表的な理由は「収入面」です。正社員の場合、大半の人は毎月一定額の給料を受け取れます。会社が倒産したり解雇されたりしない限り、収入は0になりません。

一方フリーランスの場合、毎月の収入がいくらになるかは分かりません。50万円の場合もあれば、0になることも有り得ます。不安になる人は収入が0になった時のことを考えてしまい、独立できなくなってしまうのでしょう。

ただフリーランスは、やればやった分だけ収入を増やせます。会社員の場合、受け取れる給料の上限は決まっていますが、フリーランスになれば青天井です。フリーランスのシステムエンジニアの中には、年収が1500万円を超えている人もいます。結果、今より収入を増やしたい人はフリーランスとして独立するのも1つの手です。

フリーランスエンジニアとしての方向性

方向性としては、このようなパターンがあります。

1.その道のスペシャリストを目指す

1つのことに集中して、その道のスペシャリストを目指すパターンです。狭く深くスキルを身に付けたい人に向いているかもしれません。

しかしスペシャリストを目指す時には、注意点があります。それは必要とされなくなる場合があることです。仮に「Aシステムのスペシャリスト」になっても、世の中からAシステムが消えてしまえば需要は0となり、収入源を失ってしまいます。したがって、長期的にニーズがあるものを選べるかがカギです。

2.マネジメントを任される人材になる

エンジニアを統括する、マネジメントを目指す道もあります。このキャリアを目指す場合は、エンジニアの現場経験(下流工程)だけではなく、システムの計画を立てたり要件を決めたりする作業(上流工程)の経験も必要です。またマネジメントをする場合、複数の人と関わるためコミュニケーション能力も大事になります。

3.ITコンサルタントとして活動する

ITコンサルタントの場合、企業から色々なパターンの相談を受けます。したがって「上流工程・下流工程」だけではなく、エンジニアの特性や会社における役割など、幅広く知っておかなければいけません。
ときにはイレギュラーの相談を振られることがあるので、ITに関して日々学ぶことも大事です。

正社員からフリーランスとして独立するタイミングはいつ?

正社員のシステムエンジニアとして、どのくらい経験すれば独立すべきか迷う人もいるでしょう。ここでは正社員の経験年数ごとに、独立するとどのようなケースが考えられるか紹介します。

未経験で独立

(フリーランスの)システムエンジニア向けの案件で、未経験のものはほとんどありません。したがって、案件を獲得するのが困難です。

半年で独立

正社員として半年働いていたのであれば、基礎的な作業を行う案件は任せてもらえる可能性があります。プログラムの入力やホームページの作成など、基礎的な業務であれば声がかかるかもしれません。とは言っても経験値が浅いので、高単価の案件を獲得するのは難しいです。

1年で独立

エンジニアとして基本的なスキルが身に付いてくる頃です。しかしスキルの幅が狭いため、様々な種類の案件を受けるのは難しいです。

3年で独立

3年経てば、エンジニアに関するスキルを幅広く身に付けられている可能性が高いです。そのため難易度が高く、高単価の案件を獲得できるようになってきます。ただし、この段階でも下流工程がメインになるでしょう。

5年で独立

5年経験すれば、プログラミングのスキルだけではなくリーダー経験がある人も多くなってきます。そのためシステムの作成やプログラミング業務だけではなく、マネジメントに関する案件を獲得できるかもしれません。

以上のことより、案件の獲得率を上げたいのであればある程度は経験を積んでから独立した方が良いです。未経験の案件はほとんどないため、経験年数を積み上げて色々なスキルを身に付けておくことが重要になります。もし経験がない状態で独立した場合は、スクールで学んだり職場で経験を積んだりしてから独立しましょう。

独立前に身に付けた方が良い内容

独立をする前は、色々なことを身に付けておいた方がスタートダッシュがラクです。ここでは、どのようなものを身に付けるべきか見てみましょう。

実務経験(スキル)

会社で働く年数を積み上げるだけではなく、実務の経験を増やしたりプログラミングに関する資格を取得したりすることも含まれます。フリーランスとして活動するには、知識だけではなく現場での経験値も必要です。最近ではスクールに通って、知識と実務経験を積む人も増えています。

関連記事:エンジニアがスキルアップすべき項目と方法を紹介!現場で求められる!

コミュニケーション能力

業務に携わっているメンバーと話すことがあります。そのためコミュニケーション能力も必要です。

エンジニア業務の場合、チャットやメールなど字面でやり取りをすることが多いため、言語化力を鍛えましょう。言語化力とは自分が伝えたいことを言葉にできる能力のことです。言語化力がない場合、言葉があやふやになってしまい相手に伝わらない状況が起こってしまいます。相手に伝わらないと何度も聞き直されます。結果、余計なやり取りが発生してしまい業務に支障をきたすことになりかねません。

逆に言語化力を身に付けておけば、相手に伝わりやすい文章を作れます。相手に伝われば余計なやり取りが発生しなくなるので、チーム内での仕事がスムーズになります。

自己管理能力

フリーランスの場合、遊びたいと思った時に仕事の連絡が来ることもあります。自身の欲ばかり優先してしまうと、仕事がおざなりになってしまい、クライアントからの信頼を失います。フリーランスは就業時間が決まっていない分、仕事とプライベートのメリハリを付けることが大事です。そのため、自己管理能力を身に付けるべきと言えます。

関連記事:賢いフリーランスのスケジュール管理の秘訣

人脈

人脈を築いておく理由は、仕事を紹介してもらえる確率を上げるためです。フリーランスの中には、知り合いから受注し続けている人もいます。場合によっては長期的に案件を発注してくれる場合もあるので、人付き合いは大事にしましょう。

関連記事:フリーランスが人脈を作るメリット & おすすめの方法5つ

案件を獲得する力

フリーランスは案件が無くなった場合、自身で探さなければいけません。仕事がなければ収入は0です。会社員のように、出勤すれば収入が発生するわけではありません。したがってフリーランスの活動を続けるには、案件を獲得する力が大事になります。

関連記事:フリーランスの営業の方法やコツとは?営業代行ってどんなサービス?

用意周到でも独立1年目はやることが山積み!

独立前に準備をしておいたとしても、独立1年目はやることが山積みです。案件を獲得するための営業や確定申告・労働に関する勉強など、色々とあります。会社員時代に行わない作業もあるため、独立1年目は苦戦することが多いです。

少しでもスムーズにしたければ他のフリーランスに話を聞いたり、本を読んだりしてイメージトレーニングをしておくといいかもしれません。

独立前に確認しておいた方が良い項目

お金や事業の面においても、独立前に確認すべきことがあります。
どのようなことを確認すべきか見てみましょう。

貯金(資産状況)

エンジニアのスキルを持っていても、仕事を獲得できなければ収入は0です。収入が0になって貯金がない状況だと、フリーランスとして生活できなくなります。生活苦に陥らないためにも、独立前に貯金しておくことは大事です。

ちなみに貯金額の目安は、収入が0になっても「半年~1年間程度」生活できる額を確保しておくといいでしょう。仮に毎月の生活費が15万円であれば、90~180万円の貯金額を確保しておくイメージです。

独立時にかかる費用

独立時にはパソコンの購入費や事務所の新設、独立準備に伴う交通費など、色々な費用がかかるかもしれません。したがって、独立時に発生する費用を計算しておくことも大事です。しかし計算した金額では足らないことがあります。そうなってもいいように、予備費を確保することも忘れてはいけません。

クレジットカード

クレジットカードを持っておくことも大事です。クレカで支払えば支払日を1~2カ月後ろ倒しにできるので、運転資金に余裕が無くなった時に役立ちます。「今月は資金に余裕がないから、来月に支払いたい」、「来月になったら報酬が数十万円単位で入るから、支払いを先延ばしにしたい」といった時にクレカでの決済は便利です。またポイントが付くクレカを利用すれば、支払時にポイントを充てられるため節約できます。

なお独立直後にクレカを申し込むと、個人事業主としての実績がないため審査落ちする可能性が高いです。そのため、独立前に作っておくことをおすすめします。

関連記事:フリーランスのクレカの選び方&おすすめゴールドカード5選

活動計画(事業計画)

毎月の収入・費用の金額を推測したり、営業の仕方を考えたりなど、色々あります。活動計画を立てていないと、どのように仕事を進めれば良いか分からなくなり、パニックになる場合も…。とくにマニュアルやフォーマットに沿って、物事を進めることに慣れている人は細かく用意した方が良いでしょう。

確定申告の仕方

確定申告とは1年間(1月1日~同年12月31日)の税金を確定させるための申告です。国民の義務となっているので、フリーランスとして独立した人は原則、行わなければいけません。確定申告を怠った場合は、ペナルティとして本来の税額に加えて「加算金」が請求されるため、支払う税額が増えてしまいます。

確定申告の流れについては、こちらの記事に詳しく載っています。
関連記事:【初めての確定申告】申告の種類や方法について解説

しかし、自身で確定申告をしなくて良い方法もあります。それは税理士(公認会計士)への委託です。法律上、税理士資格を持っている人は確定申告(税務処理)を代行できる権利が与えられています。フリーランスの中には、毎年数十万円支払って税理士に委託している人もいるようです。

ちなみにテックビズでも、毎月5000円(税抜)~から利用できる税務代行サービスを提供しています。一般的な相場と比べると安くなっていますので、費用抑えたい人におすすめです。

どんな状況であれば独立していいか?

最後に、どんな状況であれば独立してもいいか見てみましょう。

会社員時代よりも収入が上がりそう

フリーランスの場合、会社からパソコンなどの備品が支給されるわけではありません。したがって、必要なものは自身で買う必要があります。

また、健康保険料の支払いも会社員であれば50%の負担で済みますが、フリーランスは全額自己負担です。会社員時代よりも負担する額が多くなって、生活が困窮しているフリーランスもいます。そうならないためにも、会社員時代よりも収入アップが見込める時に独立することをおすすめします。

自力で仕事を獲得できる

営業をしなくても仕事が舞い込んでくる場合もありますが、それは一部です。フリーランスは基本的に、自力で仕事を獲得しなければいけません。前職の付き合いで案件をもらえる場合もありますが、その案件が途絶えてしまったら自分で仕事を探さなければいけません。生活苦にならないためにも、自力で仕事を獲得できる状況にしておくことが大事です。

関連記事:フリーランスがセルフブランディングするべき理由とは?

独立後の生活設計をイメージできている

独立後の生活設計を想定しておくことも忘れてはいけません。イメージしなかったために、仕事の仕方がおざなりになって廃業してしまうこともあります。フリーランスの仕事を続けるためにも、イメージを持つことは大事です。

家族の理解を得られている

家族の理解を得ずに独立すると、家庭問題が起こる恐れがあります。勝手に独立して離婚したり、身内から距離をとられたりなど、色々なことが想定されます。フリーランスに対して良いイメージを持っていない人もいますので、トラブルにならないように話し合っておきましょう。

まとめ

システムエンジニアがフリーランスとして独立するタイミングについて解説しました。
まとめると、こちらです。

✓独立前に身に付けた方が良い内容
①実務経験(スキル)
②コミュニケーション能力
③自己管理能力
④案件を獲得する力
⑤人脈
✓どんな状況であれば独立してもいいか?
①会社員時代よりも収入が上がりそう
②自力で仕事を獲得できる
③独立後の生活設計をイメージできている
④家族の理解を得られている

独立するタイミングを間違えると、フリーランスとして継続的に活動することが難しくなってしまいます。長く活動し続けるためにも、勢いだけではなくタイミングを考えてから独立しましょう。

※本記事の内容などは2021年1月現在の情報です。