フリーランスがクレジットカードの審査に通過するには?肝は前準備!

・フリーランスはクレジットカードの審査に通るの…?
・審査に通るコツなんてあるの?
・どうせフリーランスは不安定だから審査に通らないんでしょ…。

フリーランスはクレジットカードを作れないと思う人もいるでしょう。

確かに会社員と比べるとカードを作るのは難しいです。とは言っても、クレジットカードを持つフリーランスもいるのも事実。

フリーランスがカードの審査に通過するには、前準備が大事です。

そこで今回は、フリーランスがクレジットカードの申込時にやるべき前準備などを解説します。

そもそも、フリーランス(自由業)がクレジットカードの審査に通りにくい理由って何?

フリーランスが、クレジットカードの審査に通りにくい理由は複数あります。

代表的な理由は、こちらです。

  • 安定的に収入を得ていない
  • 事業の実態が分からない
  • 独立してからの年数が浅い

フリーランスとしての事業性や、稼いでいる実態が分かりにくい状態だと、カード会社からの印象が悪くなって、審査に通るのは難しくなります。

こちらの記事にも、フリーランスがクレジットカードの審査に通りにくい理由が載っていますので、ご覧ください。

関連記事:フリーランスはクレジットカードを作れない?それとも作れる?

フリーランスは審査に通りにくいが、クレジットカードは作れる

会社員と比べると、フリーランスは審査に通りにくいです。

しかし、フリーランスでもクレジットカードを発行できます。

実際に、フリーランス向けのクレジットカードを提供しているカード会社もあります。

つまりフリーランスでも、クレジットカードの発行を諦める必要はないのです。

クレジットカードの審査に通るには、前準備が大事

クレジットカードの審査を申し込む前に準備をすると、審査に通る確率がアップします。

ここでは、どのような準備をすべきか見てみましょう。

事業の実績を積んでおく

事業の実績があると、審査に通過できる確率が上がります。

具体的に言うと、事業の継続年数・収益が発生している時期が長くなれば、審査に通過できるということです。

事業の継続年数は、最低でも3年経っていた方が良いでしょう。

事業の実績がない状態で申し込むと、審査に通りにくいため、ご注意ください。

固定電話番号を保有しておく

事業所の固定電話番号を保有しておくのも大事です。

理由は、事業所を特定の場所に構えている証拠になるからです。

携帯電話番号しかない場合、カード会社から「事業を本当に行っているのか?」と疑われてしまい、審査に落ちる原因になります。

よってカード申込時は、携帯電話番号のみを記入するよりも、固定電話番号も記入した方が良いのです。

会社名義の口座を作る

会社名義の口座を作るのも、事業を行っていることを示すのに役立ちます。

クレジットカードを申し込む時は、引き落とし口座の名義を記入する欄があります。

口座名義人が個人名だと、本当に事業を行っているのか怪しまれるかもしれません。

しかし会社名義の口座を記入すれば、何かしらの事業に取り組んでいることを書類上で証明できます。

そのため、カード会社からの印象が良くなり、審査に通過しやすくなるのです。

全ての金融事故を解消させる

金融事故(返済遅延)を起こしたことがある人は、すべての金融事故を解決させましょう。

金融事故の情報は、個人情報信用機関と呼ばれるデータに登録されます。

カード会社では、金融事故のデータが載っている人の申込は否決します。

しかし過去に金融事故を起こしても、カードの審査に通過することは可能です。

その方法とは、データから金融事故の情報をなくすことです。

金融事故の内容が、個人情報信用機関のデータに登録されるのは最大で10年間と決まっています。

つまり、金融事故を解決させることも、カードの審査通過率を上げるコツといえるのです。

開業届を提出する

開業届を提出すると、あなたが個人事業主で活動している証明になり、自身で事業を起こしている証拠にもなります。

あなたが事業家で活動していると、カード会社から認めてもらいやすく、審査の通過率アップにつながるでしょう。

カードの申込時に気を付けることもある

前準備を行っても、カードの申込時に注意することもあります。

これを怠ると、審査に通過するのは難しいです。

ここでは、注意点を3つ見てみましょう。

同時に複数のカードに申し込まない

同時に複数のカードを申し込むと、審査に落ちる確率が上がります。

なぜなら、カード会社から見ると「カードの審査に通らないから、複数のカードに申し込んだのでは?」と思われるからです。

あなたが申し込んだ枚数は、カード会社に共有されるため、申込履歴は筒抜けです。

そのため同期間で申し込む枚数は、1~2枚程度をおすすめします。

審査に落ちたことがあるクレジットカードは申込を控える

過去に審査落ちしたことがある、クレジットカードの申込は控えた方が良いでしょう。

理由は、過去の審査履歴がカード会社で保管されている恐れがあるからです。

カード会社の中には、過去に審査落ちした人のカード発行を認めないケースも多いです。

そのため、審査に落ちたことがないカード会社に申し込んだ方が、通過できる確率は高いといえます。

キャッシングの金額は0が良い

キャッシングの額を上げると、一般的に審査の基準は厳しくなります。

つまり、審査に通りたいのであれば、キャッシングの金額は0が良いのです。

仮に、キャッシング機能に似たシステムを活用したい場合は、事業者に低利率で融資をしている機関もございます。

自治体によっては、事業者に融資をする制度を設けているため、活用してみてはいかがでしょう。

どんなカードに申し込めば良い?

ただクレジットカードといっても、さまざまな種類のカードがあり、選び方が分からない人もいるでしょう。

最後に、どんなカードを選ぶべきか紹介します。

税務処理時に便利な機能が付いている

フリーランスは確定申告の作業が発生するため、税務処理時に便利な機能が付いているカードを選びましょう。

たとえば、このようなサービスがあります。

会計ソフトを安く利用できる

カード会員になれば、会計ソフトを割安料金で利用できる事例です。

初期費用を安くしているケースもあれば、年会費を安くしているケースもあります。

会計ソフトを使って確定申告を行う人には、便利なサービスです。

確定申告を代行できる

カード会員限定で、確定申告の代行サービスを行っている事例もあります。

税理士事務所に依頼するよりも安い料金で利用できる場合もあり、費用を抑えて外部へ委託したい人におすすめです。

税理士資格を持っている人が携わるため、安心して利用できるでしょう。

審査の基準が厳しくなさそう

審査の基準も、厳しくなさそうなカードを選ぶのも大事です。

カードの発行元や種類(ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード)でも、保有している人の層などで、審査の基準は予測できます。

さらに、インターネット上に載っている口コミを見るのも一つの手です。

ただし口コミサイトの情報は、全て真実の情報とは限りませんので、ご注意ください。

年会費が高額ではない

継続的に使うのであれば、年会費が高額ではないカードに申し込みましょう。

年会費は、無料~数万円と幅広いです。

高額な年会費が仇になって、事業の資金繰りで困ることもあるため、ご注意ください。

TechBizでも、個人事業主向けにゴールドカードを取り扱っています。

気になった人は、こちらをご覧になってみてください。

TechBizのサイト→

まとめ

フリーランスのクレジットカードの審査事情を中心に、紹介しました。

今回の記事で抑えた方が良いポイントは、こちらです。

✓クレジットカードを申し込む前に準備すべきこと
①事業の実績を積んでおく
②固定電話番号を獲得しておく
③会社名義の口座を作る
④全ての金融事故を解消させておく
⑤開業届を提出する
✓カードの申込時に気を付けること
①同時に複数のカードに申し込まない
②審査に落ちたことがあるクレジットカードは申込を控える
③キャッシングの金額は0が良い

準備と申込時の行動を意識すれば、フリーランスでもクレジットカードを作ることは可能です。

今回の記事を参考にして、ぜひ自身に合うカードを見つけてみてください!

最新情報をチェックしよう!