フリーランスはクレジットカードを作れない?それとも作れる?

・フリーランスになってクレジットカードを作れるか不安…。
・フリーランスがクレジットカードを作れない理由は?
・フリーランスがクレジットカードを作る時は、何が影響しているの…。

フリーランスの中には、クレジットカードを作れないのではないかと、ソワソワする人もいるでしょう。

確かに、会社員と比べるとフリーランスはカードを作ることが難しいと言われています。

実際のところ、どうなのか気になりますよね?

そこで今回は、フリーランスがクレジットカードを作れるか解説しながら、審査に通過できない人の特徴などを紹介します。

フリーランス(自由業)がクレジットカードを作れないのは本当?それとも嘘?

フリーランスがクレジットカードを作れないことはありません。

カードを持っているフリーランスも存在しますし、フリーランス向けのカードを発行している企業もあります。

しかし、全てのフリーランスがクレジットカードを作れるかといえば、それは違います。

カード会社の審査に通過した人しか、発行は認められていないからです。

結局は、フリーランスの状況によってカードが発行できるかは異なるのです。

審査時に年収は影響するのか?

年収が全く影響しないわけではありません。

確かに、一定基準の年収を獲得しているフリーランスにしか、発行しないカードも存在します。

しかし、年収額よりも大事な項目があります。

それは、定期的に収入が入っているかです。

極端に言うと年収が1,000万円でも、定期的な収入でなければ、カードの審査に通りにくいということです。

逆に年収が300万円でも、継続的に毎月収入があれば、審査に通過できる確率は上がります。

収入額ではなく、安定的な収入があるかが大事になるため、覚えておきましょう。

フリーランスがクレジットカードを作れない理由

ここからは、フリーランスがクレジットカードを作れない理由を紹介します。

事業の実態が分からない

事業の実態が分からない場合は、クレジットカードの審査に通過しづらいです。

年収が高くても、どのような経緯で収入が生まれているか分からない事業だと、カード会社に怪しまれてネガティブな印象を持たれるからです。

よって、何の事業をしているか言えないフリーランスは、カードを作れる確率は低いと思った方が良いでしょう。

事業の年数が短い

事業の年数が短いフリーランスもクレジットカードの審査に落とされる確率が高いです。

カード会社では「事業の継続年数が長い=信頼できる」という風潮があります。

つまり、フリーランス1年目だと事業の実績がないため、審査に通るのは難しいのです。

最低でも3年間、事業を継続させないと厳しいでしょう。

過去に金融事故を起こしている

金融事故とは、借金をスケジュール通りに返せなかった様を示す時に使う言葉です。

借金の返済遅延やクレジットカードの強制解約、債務整理(個人再生・任意整理・自己破産)などが、金融事故として扱われます。

金融事故を起こすと個人信用情報機関(CIC・JICC・KSC)が管理するデータに載ります。

カード会社では、審査時に個人信用情報機関のデータを閲覧し、その人が金融事故を起こしていないかチェックします。

個人情報信用機関のデータに金融事故の履歴が載っていた場合、審査に落ちるためカードが作れないのです。

しかし、あることに気を付ければ審査に通過できる確率は上がる

カードの審査に通過できないのでは…?と不安になった人もいるでしょう。

しかし、あることに気を付ければ、審査に通過できる確率は上がります。

ここでは、審査に通過する確率をアップさせる3つの方法を見てみましょう。

短期間で複数のカードに申し込まない

短期間で多くの枚数のカードに申し込むと審査に通過できなくなるため、注意してください。

あなたがカードを申し込んだ枚数は、カード会社で把握できます(一定期間の間)。

たとえば、あなたが1カ月間で4~5枚申し込んだ場合、カード会社はこのように判断します。

  • 審査に落ちたカード会社が多かったんだな
  • 独立する前にカードをたくさん作ろうとしているんだな
  • たくさんのキャッシングが必要なんだな

つまり、短期間で複数枚のカードを作ろうとすると、カード会社はあなたに対してマイナスイメージを持つのです。

マイナスイメージを持たれると、カードの審査が通過しにくくなるため、短期間で複数のカードに申し込むべきではありません。

一度に申し込む枚数は、多くても2枚までが良いでしょう。

キャッシング枠の設定をしない

キャッシング枠の設定をすると、審査に通過するのが難しくなるからです。

同じブランドのカードでも、キャッシング枠が少ない方が、審査に通過できる確率は高いです。

キャッシング枠が大きくなるほど、審査時の基準が厳しくなります。

よって審査の通過率を上げたければ、キャッシング枠は設定しない方が良いのです。

どうしてもキャッシング枠を設定したい場合は、最低額の設定にすることをおすすめします。

申込時にフリーランスで生計を立てていることを証明する

フリーランスで生計を立てていることを証明するための、書類の準備もしましょう。

指定される書類はカード会社で異なるものの、確定申告書や所得証明書の提出を指定されることが多いです。

なお確定申告書は、確定申告後に控えを保管しておくと便利です。

しかし、確定申告書や所得証明書は、確定申告を行っている人にしか発行されません。

なぜなら、税務署へ提出した確定申告書に載っている金額を基に、発行される書類だからです。

極端に言えば、無申告の人はフリーランスの収入を示す書類がないということです。

収入実績を証明する書類をもらうには、毎年確定申告を行っていることが条件となるため、覚えておきましょう。

クレジットカードを作る場合は法人カードがおすすめ

フリーランスなど個人事業主で活動されている方は、クレジットカードを作る場合、支払内容の縛りがないプライベートカードよりも、個人事業主や経営者のみ持てる、法人カードの発行をおすすめします。

ここでは、法人カードがおすすめの理由を3つ見てみましょう。

カードの年会費・発行費を経費にできる

法人カードは、基本的に経費の支払時に使うカードですので、カードの年会費や発行費を全額、経費として計上できます。

そのため、経費の計上額を増やしたい人は、法人カードを作った方が、お得に感じるでしょう。

法人カード限定のサービスがある

会員向けに、法人カード限定のサービスがあるのもメリットです。

たとえば、会計ソフトをカード会員限定価格で使えたり、ラウンジやシェアオフィスを割安料金で利用できたりするサービスなどがあります。

他にも、円滑に事業を進めるためのシステムを提供している場合もあるため、活用すると良いでしょう。

税務処理がラク

プライベートの費用と経費が、1つの明細に混載していないため、税務処理がラクです。

場合によっては、税務処理が数十分~数時間程度短縮される場合もあります。

なお、こちらの記事にも、法人カードと税務処理に関する関係性が載っていますので、参考にしてみてください。

関連記事>>初心者必見!ビジネスカードの経費管理に便利な使い方と有効活用するコツ

「最後に…」法人カードの上手い活用法を教えます

最後に、法人カードの上手な活用法を3つご紹介します。

法人カードで貯まったポイントで備品を購入する

法人カードで経費を支払うたびに、ポイントが貯まります。

そのポイントをギフト券や商品券などに交換し、その券で事業用の備品を購入すれば、経費の削減につながります。

ポイントを貯めて、パソコンなどの高額商品を買ってみてはいかがでしょう。

会員優待価格で利用できる飲食店を接待で使う

取引先を接待することもあると思います。

その時は、会員優待価格で利用できる飲食店を使ってみてはいかがでしょう。

食事代が安くなれば、接待交際費を抑えられます。

定価の3割引きで食事が提供される場合もあるため、常日頃から覚えておくと良いでしょう。

事業で悩みがあった時に、会員向けの専用ダイヤルを使って問い合わせる

事業で役立つ会員向けのサービスを使いたいけど、どんなサービスがあるか分からない場合は、会員向けの専用ダイヤルに問い合わせてみましょう。

カード会社によっては、あなたの質問に対して、使い勝手の良いサービスを紹介してくれます。

たとえば、
「会食へ行きたいのだけど、優待価格で利用できる店舗はありますか?」
といった感じです。

自分で調べるよりもカード会社に聞いた方が早い場合は、カード会社を活用して、調べる時間を短縮すると良いでしょう。

TechBizカードも、フリーランス向けのサービスを充実させている法人カードですので、参考にしてみてください。

まとめ

フリーランスがクレジットカードを作れるかについて、お伝えしました。

記事の内容をまとめると、このような形です。

✓フリーランスがカードを作れない理由
①事業の実態が分からない
②事業の年数が短い
③過去に金融事故を起こしている
✓審査に通過する確率を上げるコツ
①複数のカードに申し込まない
②キャッシング枠の設定をしない
③申込時にフリーランスで生計を立てていることを証明する

フリーランスでも、クレジットカードを作ることが可能です。

ただし、事業の経営成績や個人の債務履歴によっては、カードを作成できないことがあります。

カードを作れなかった場合は、自身がクレジットカードを作れない状況ではないか確認したうえで、期間を空けて再度申し込むと、審査に通過できる場合があります。

カードの機能を活用して、事業をスムーズに進めるための仕組み作りに、役立てていただけると幸いです。

最新情報をチェックしよう!