マイナンバーカード持ってない人必見!メリット5つ&申請方法

・マイナンバーカードってどんなカード?
・マイナンバーカードを発行するメリットってあるの?
・どうやって申請すれば良いか分からない…。

マイナンバーカードという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
作りたいと思っているものの、申請が面倒に感じる人もいるはず…。
しかしマイナンバーカードを持つと様々なメリットがあります。
そこで今回は、マイナンバーカードの申請手順やメリットなどを中心に紹介します。

マイナンバーカードって何?

マイナンバーカードとは、顔写真・住所・生年月日・個人番号などが載っているカードのことでプラスチック製になっています。
ちなみにマイナンバーカードができた目的は、社会保障や税金関連など手続きをスムーズに行うためで国が主導となり開発されました。

(※)個人番号…日本国内に住んでいる全ての人に1つずつ割り当てられた番号のこと

マイナンバーカードを持つメリット

マイナンバーカードを持つと様々なメリットがあります。
ここではメリットを5つ見てみましょう。

身分証明書代わりになる

顔写真や住所、生年月日などが載っているため身分証明書代わりになります。
顔写真入りの身分証明書を持っていない人は便利です。

(2021年3月~)健康保険証の代わりとして使える

2021年3月より、健康保険証の代わりとして使えるようになる予定です。
つまり健康保険証を持ち歩く必要がなくなります。
財布の中に入れるカードを増やしたくない人にとって良いでしょう。

コンビニで住民票の移しを発行できる

マイナンバーカードを持ってコンビニへ行けば、その場で住民票の写しを発行できます(自治体によっては行っていない場合アリ)。
住民票を発行するために役所へ出向いたり、長時間待ったりすることもありません。
そのため、時間を有効活用したい人にもピッタリです。

また、役所で発行する場合と比べて手数料が安い自治体もあります。したがって費用の節約も期待できます。コンビニなら発行できる時間も役所と比べて長いため、役所の受付時間に行くのが難しい人にもおすすめです。

スマホで確定申告をする時に便利

マイナンバーカードを持っていると、スマホで確定申告ができます(一部対応外のスマホもアリ)。インターネット環境さえあれば、どこからでも申告できますので、税務署へ出向く必要はありません。
さらに早朝でも深夜でも確定申告ができますので、好きな時間帯に確定申告をしたい人にとっても良いでしょう(メンテナンスなどで使えない場合アリ)。

マイナポイントの予約ができる

マイナポイントとはマイナンバーカードを発行し、かつ事前予約した人に対して付与するポイントのことです。総務省では「マイナポイント事業」と呼ばれるものを展開しており、先着順で最大5,000Pを付与するキャンペーンを行っています。
受け取ったポイントは支払いで使えるため、生活費や経費の削減に役立つでしょう。

マイナポイントについてこちらで詳しく解説しています。

関連記事:【9月開始】マイナポイントをもらおう!事前予約方法を解説

マイナンバーカードの申請方法

マイナンバーカードを申請する時は、交付申請書と呼ばれる書類を受け取ってから行うのが基本です。しかし申請方法は複数あります。
ここでは申請の仕方を3パターン見てみましょう。

スマホでの申請

スマホで申請する時の流れは、こちらです。

メールアドレスを登録する

メールアドレスを登録する時は、交付申請書に載っているQRコードを読み取って、申請用の公式サイトにアクセスします。
利用規約が載っていますので、同意したら「確認」ボタンを押してください。
その後、氏名・メールアドレスなどを入力し次の画面へ進みます。
登録したメールアドレス宛に専用のURLが届きますので、そちらからアクセスしてください。

顔写真を登録する

次にマイナンバーカード用の顔写真を登録します。
スマホで登録する時は、証明写真を用意する必要はありません。
スマホで撮影した画像を用意するだけで大丈夫です(顔写真を用意していなくても、操作中に顔写真を撮影できます)。

その他の情報を入力して申請完了

顔写真を添付が完了したら、生年月日や電子証明書の発行希望・氏名の点字表記に関することなど、いくつかの入力画面があるので記入します。
その後、申請をすると登録したメールアドレス宛に申請完了のメールが届きます。
これで申請は完了です。

参考:マイナンバーカード総合サイト

パソコンでの申請

パソコンで申請する時の流れはこちらです。

申請用の公式サイトにアクセスしてメールアドレスを登録する

申請用の公式サイトにアクセスします。
利用規約に同意し、氏名・メールアドレス・申請書ID(23ケタの番号)を入力してください。

なお申請書IDはスマホで申請すると自動で入力されますが、パソコンで申請する時は手入力です。そのため、誤りがないように入力しましょう。
その後、登録したメールアドレス宛にURLが届きますので、URLをアクセスして次の画面へ移ります。

顔写真を登録する

次に顔写真を登録します。
パソコンで申請する時は、デジカメなどで撮影した写真をサーバー上に保管しておくと便利です。またパソコンにカメラが付いている場合は、カメラ機能を使って撮影した画像を保管してもいいでしょう。
顔写真を登録した後の流れについては、スマホで申請する時と同じです。

郵便による申請

郵便による申請の流れは、こちらです。

「個人番号カード交付申請書」兼「電子証明書発行/更新申請書」を準備する

「個人番号カード交付申請書」兼「電子証明書発行/更新申請書」は、通知カードを受け取った人に送られており、通知カードの下についています。
申請書が手元にない人は、こちら(「個人番号カード交付申請書」兼「電子証明書発行/更新申請書」)からダウンロードできます。

個人番号カード交付申請書に記入

氏名や住所・電話番号、申請日などを記入します。
その他に、証明写真などで撮影した顔写真の添付も必要です。
記入漏れがないようにしましょう。

封筒に同封し送る

記入が完了しましたら、封筒に入れて送ります。
ちなみに、こちら(申請書送付用宛名台紙封筒)から封筒をダウンロードできます。
宛先を記入したり封筒を買ったりする必要がないため便利です。

マイナンバーカードの受け取り方

交付通知書が自宅に届いたら、役所へ受け取りに行きましょう。
通知書には受取期限、受取時に必要な物などが載っていますので確認してください。
役所へ到着したら、マイナンバーの発行を担当している窓口へ行きましょう。
その後、諸々の手続きが終わったらマイナンバーカードを受け取れます。

マイナンバーカードの申請・受取時の注意点

申請作業を適当に行うと修正が発生してしまい、マイナンバーカードの受取までに時間がかかることも…。
そこで最後に、マイナンバーカードの申請・受取時に関する注意点を3つ紹介します。

顔写真の撮り方

顔写真を撮る時は、必ず正面を向きましょう。横を向いている画像はNGです。
その他に、このような顔写真も基本的には認められていません。

 背景に物が映っている
 影がある、暗い
 ピンボケしている
 帽子を被ったり、サングラス、マスクをしている
 口を開けて笑っている

パスワードの設定

マイナンバーカードを受け取る時は、パスワードの設定があります。
パスワードは、マイナンバーカードを受け取った後も申請などで使用するため、必ず覚えておきましょう。

申請~受け取りまでの期間が長い

マイナンバーカードの申請~受け取りまで、最低でも1、2カ月はかかります。
早く受け取りたいのであれば、早めに申請した方が良いです。
自治体によっては、それ以上かかることもあります。

まとめ

マイナンバーカードの申請に関することを中心に紹介しました。
まとめると、こちらです。

✓マイナンバーカードを持つメリット
①身分証明書代わりになる
②(2021年3月~)健康保険証の代わりとして使える
③コンビニで住民票の移しを発行できる
④スマホで確定申告をする時に便利
⑤マイナポイントの予約ができる

マイナンバーカードが必須になっている手続きもあるため、持っておいた方がいいです。
1日でも早く受け取りたい人は、早めの申請をおすすめします。

>キャリア相談するならテックビズ!

キャリア相談するならテックビズ!

テックビズはITフリーランスを目指す方を応援しています。豊富な取引実績により、多くの企業様から絶対的な信頼をいただいているからこそ実現できる、膨大な数の新規案件相談あり。あなたにピッタリなお仕事を迅速にご紹介できます!

CTR IMG