フリーランスが案件獲得できるスキルシートの作り方

・スキルシートって何?
・スキルシートの書き方が知りたい
・職務経歴書を書いてるからスキルシートって不要じゃないの?

案件の中には、応募時にスキルシートが必要になるケースもあります。
スキルシートの中身で合否が決まることも多いため、書き方は大事です。
そこで今回は、スキルシートを書く時のポイントを、7つの項目に分けて解説します。

スキルシートとは?

スキルシートとは、自分のスキルを記入した資料のことです。
ITなどクリエイター関連の案件では、スキルシートが必要となるケースがあります。
なお、スキルシートの記入形式はフォーマットによって異なります。

スキルシートと職務経歴書の違い

スキルシートと職務経歴書に記入する内容自体は、似ています。
しかし、大きな違いが1点あります。それは、書類を見る人が違うことです。

スキルシートは、主に業務の担当者が確認します。
たとえば、SEの案件に応募した場合は、SEの現場担当がチェックするイメージです。
応募者が持っているスペックやスキルを細かくチェックするため、詳しく記入してください。

一方、職務経歴書は人事部がチェックします。
よって、SEに携わっていない人でも分かるように記入しなければなりません。
2種類とも書く内容は似ていますが、確認する人が違う分、書き方は変えた方がいいでしょう。

スキルシートを書き方~準備~

準備をせずにスキルシートを書き始めると、途中で息詰まる場合があります。
それを防ぐには、書き始める前に2つのことを行うのが大事です。

どのような仕事をしてきたのか自分の中で整理しよう

今までやってきた仕事内容を、自分の中で整理します。
整理する時は、やってきた仕事内容を書き出しましょう。
頭で考えるだけだと、抜け漏れが起こったり、上手く整理できなかったりするからです。
紙やワードなどにテキスト化しておくと、データとして残るため、整理がラクになるでしょう。

ちなみに、転職回数が多くて仕事内容を忘れてしまった時は、ハローワークで雇用保険に加入していた時期を調べてもらえれば分かります。
その他に過去の源泉徴収票や給与明細書を探して、前職を調べる方法もあります。

自分の持っているスキルを棚卸しよう

スキルを棚卸することも大事です。
スキルシートに記入できるかは別にして、ここでは思いつくスキルを棚卸しましょう。
3つの内容に分けて棚卸をすると、整理しやすいです。

資格

基本情報技術者、情報システムコンサルタントのように、検定試験を受験し取得した資格を指します。
応募した案件と違うジャンルの資格も記入してください。
なぜなら、その資格がきっかけで案件を獲得できるチャンスがあるからです。

たとえばSEの案件に応募する時であれば、簿記の資格を書いておくと、会計ソフトのシステム管理を担っている会社から、案件を獲得できるかもしれません。
また、その時は案件を獲得できなくても、数か月後に案件を紹介してもらえるケースもあります。
よって、案件とは関係ないジャンルの資格も載せた方がいいのです。

(仕事で身に付けた)技能的スキル

仕事の関係で身に付いた技能的スキルもあると思います。
たとえば、ゲーム会社に務めている時に習得した「Javaスキル」、システム会社へ務めている時に習得した「C++」のスキルといったイメージです。
資格を持っていなくても、職務上習得できたスキルだったら大丈夫です。

(仕事で身に付けた)ビジネススキル

チームをまとめる時に必要な「マネジメントスキル」、人とのやり取りが多くて身に付いた「コミュニケーションスキル」などがあります。
システム以外のスキルを求められるケースもあるため、覚えておきましょう。

スキルシートの書き方~7つの基本~

ここからは、スキルシートの書き方の基本を7つに分けて紹介します。

自己PRを書く

自己PRとは、自分を応募先へアピールする時に書く内容です。
自己PRは、他の応募者との違いを見せられる箇所ですので、ある程度オリジナリティを出せます。
なお自己PRを書く時は、下記のことに気を付けましょう。

会いたいと思われる内容を書く

担当者があなたに会いたいと思ってくれる内容を書いてください。
「応募者と話したい」、「どんなスキルを習得したか詳しく聞きたい」と思ってもらうことが大事です。
そのためには、担当者のココロをくすぶる内容を、自己PRに盛り込むことが重要。
SEが興味を持ったり、思わず話を聞いてみたくなったりする内容を、自己PR欄に記入しましょう。

読んで納得してもらえる自己PRを書く

スキルシートを読んだ人が、納得してくれる自己PRを書くことも大事です。
数字を使ったり具体的な内容を書いたりすると、説得力もあり、担当者へ伝わりやすい文章になるでしょう。

一文を短くする

一文の文字数は、80字以内におさめましょう。
文章が長いと、主語と述語が分かりにくくなったり「てにをは」が乱れたりして読みづらくなる恐れもあるため要注意。
自己PRに書く内容を削ったり、別の表現方法を使って文章を作ると、文章にスッキリ感が出ます。

話を盛らない

自分を凄い人間だと思わせたくて、話を盛る(ウソの内容を書く)人もいます。
しかし、話を盛ると自己PRと職務経歴書の内容に矛盾が生じる恐れがあるため危険です。
書類上では見破られなくても、面接時にウソがバレることもあります。

自分自身の言葉で書く

インターネット上に載っている自己PRの文章など、他人の文章を盗用するのは辞めましょう
必ず自分の文章で書いてください。
盗用したことがバレたり、文章に違和感が出たりして、不採用になるケースがあります。

経験した仕事を全て書く

経験した仕事は、全て書いてください。
資格と同様に、応募した案件とは関係ないジャンルの仕事内容も載せましょう。
たとえば、このような形で記入します。

〇年〇月~〇年〇月:〇〇の仕事
〇年〇月~〇年〇月:〇〇の仕事
〇年〇月~〇年〇月:〇〇の仕事

一般的には、時系列(過去→現在)順で記入するケースが多いです。
しかし、直近の仕事をアピールしたい人の中には、逆時系列(現在→過去)順に記入する人もいます。
状況に合わせて、記入方法を変えましょう。

業務内容は箇条書きにする

業務内容を記入する時は文章ではなく、箇条書きにして読みやすくします。
たとえば、こんな形です。

  • システムの開発
  • セキュリティの保守
  • 従業員への研修

ひと目で、どんな業務をしていたか分かるように書きましょう。

企業名は伏せる

情報漏洩防止の観点から、企業名は伏せた方がいいでしょう。
スキルシートの中には、外部へ漏らしてはいけない機密情報に該当するケースがあります。
「大手IT会社」のように、企業名は伏せて書きましょう。

スキル(評価レベル)のランク付けをする

ひと口にスキルと言っても、習得度合いは異なります。
そのため、どのくらいのスキルを経ているかランクを分けながら記入します。
仮に「A(最も良い)~E」の五段階評価であれば、こんな形です。

  • PHP→A
  • HTML→B
  • マネジメント→E

ランク付けをすることで、採用側はスキルの習熟度をチェックしやすくなります。
ランク付けの仕方は、各スキルシートごとで異なります。

やりたい職種に合わせてアレンジする

応募する職種に応じて、求められる内容が変わります。
システムを作るだけであれば、SEのスキルがあれば採用してもらえるかもしれません。

しかし、セールスエンジニアの案件だと、人とのやり取りがあるため、コミュニケーション能力が求められます。
よって、職種に応じてスキルシートの内容をアレンジする必要があるのです。

読み手の気持ちになって見直す

読み手の気持ちになって、スキルシートを見直しましょう。
読みづらい箇所や違和感を感じる箇所・誤字脱字がないか確認してください。
応募者には、正確性や伝える力などが求められるため、見直しは必須です。

まとめ

スキルシートの書き方を中心に紹介しました。
まとめると、こちらです。

✓スキルシートを書き始める前に行うこと
①職歴の整理
②スキルの棚卸
✓スキルシートの書き方の基本7つ
①自己PR
②経験した仕事を全て書く
③業務内容は具体的に箇条書きする
④企業名は伏せる
⑤スキル(評価レベル)
⑥やりたい職種に合わせてアレンジする
⑦読み手の気持ちになって見直す

スキルシートの書き方を学んで、担当者に採用してもらえる確率を上げましょう。

>キャリア相談するならテックビズ!

キャリア相談するならテックビズ!

テックビズはITフリーランスを目指す方を応援しています。豊富な取引実績により、多くの企業様から絶対的な信頼をいただいているからこそ実現できる、膨大な数の新規案件相談あり。あなたにピッタリなお仕事を迅速にご紹介できます!

CTR IMG