フリーランスも幸せな結婚ができる!事前準備と対策

・結婚するんだったら会社員の方がいいの…?
・フリーランスでも結婚ってできるの?
・フリーランスが結婚生活を送る時の準備や対策ってある?

フリーランスの中には、結婚に対して不安やネガティブな気持ちがある人もいるでしょう。
確かに会社員とフリーランスでは事情が違います。
しかし結婚を諦めるのは早いです。対策をとれば、幸せな結婚生活を送れるかもしれません。
そこで今回は、フリーランスが結婚をする時に事前に準備しておきたい事や、結婚生活の対策などについて紹介します。

フリーランスが結婚に対して不安になること

はじめに、フリーランスが結婚に対して不安な理由を見てみましょう。

正社員と比べて収入が不安定になりがち

正社員の場合、出社していれば基本的に毎月給与が振り込まれます。
一方、フリーランスになるとそうはいきません。
毎月の仕事量で報酬は変わります。会社員時代よりも収入が多ければいいものの、そうならない人もいます。
このようなことをイメージした結果、不安な気持ちを抱えてしまい結婚へ踏み切れなくなるのです。

パートナーの親を説得するのが難しそう

パートナーの親へ挨拶しに行った時に「結婚を認めてもらうのが難しそう」という意見もあります。
「大手企業の会社員と結婚させたい」「フリーランスってどんな仕事をしてる人か分からない」という理由で、フリーランスと結婚させたくないと考えてしまう親もいます。
そのような考えが頭の中によぎっているフリーランスも、不安な気持ちを抱えるかもしれません。

結婚後の世間体が心配

たとえば近所の人や知り合いから職業を聞かれた時に「フリーランスって答えたらどんな印象をもたれるんだろう」「自分がフリーランスであるが故に、パートナーや子どもに迷惑がかかりそう」と、結婚後の世間体が気になってしまい不安になるかもしれません。

フリーランスでも結婚している人はいる

実際にフリーランスでも結婚をしている人はいます。
フリーランス同士で結婚した夫婦もいれば「フリーランス×会社員」で結婚した例もあります。
稼ぎがあれば生活を送れますので「フリーランスだから結婚はできない」と思い込む必要はなさそうです。

フリーランスが結婚前に準備しておきたい事

とは言っても、フリーランスが結婚をする時は事前にいくつかのことを考えておいた方がいいです。
ここでは、どんなことを意識すべきか見てみましょう。

結婚にかかる費用

結婚指輪や結婚式、披露宴などを行う場合は、費用の見積もりには慎重になりましょう。
なぜなら、高額の結婚式の支払いが、生活を圧迫することがあるからです。

結婚式はご祝儀で費用を賄おうと考えている人もいるでしょう。
しかしコロナウイルスなどが理由で今後は参加者が少ないかも知れません。
ご祝儀が集まらず大赤字になる恐れもありますので、生活に困らない程度の予算で開いた方がいいでしょう。

結婚後の出費

結婚後は一人暮らしの時とは違い出費が増えます。
ハネムーン・新居へ引っ越し・新しい家具・食費・水道光熱費・子どもの教育費など様々です。
想定される出費を考えながら働くと、収入や貯金をどのくらい増やせばいいかイメージしやすくなります。
結果、お金がなくても動揺する確率を減らせます。

住居(家賃)

結婚後、家賃をどのくらい支払えるか考えながら物件を選びましょう。
家賃をかけすぎると生活の破綻につながります。
家賃を払うのが厳しい人は、どちらかの実家に住んで家賃を浮かせる方法もあります。

マイホームを考える方は、フリーランスの住宅ローンについて解説しているこちらの記事をご覧ください。

関連記事:住宅ローンはフリーランスでも組める?購入のヒントや注意点

ライフスタイル

独身時代は、好きな時間帯に仕事ができたかもしれません。
しかし結婚後はパートナーと一緒に生活を送るため、相手のライフスタイルを考えながら働くことも大事です。
結婚後に「深夜に仕事をしなければいけなくなる」「朝~夕方までしか仕事ができなくなる」など、仕事をする時間が変わることもあります。
そのため、臨機応変に仕事ができるようにしておきましょう。

パートナーが妊娠した時の稼ぎ方

パートナー(もしくは自分)が妊娠をすると、収入は一人分だけの時期が生まれます。
そうなってもいいように、妊娠した時の稼ぎ方を考えるのも大事です。
「収入が下がってもいいように貯金額を増やす」「無駄な費用を削って生活コストを下げておく」など、手元にある程度のキャッシュを残すことが大事です。
そうすれば二馬力から一馬力になった時も、慌てずに済みます。

フリーランスが結婚生活を穏やかに過ごすため対策

結婚後も平和な生活を送るには、ある程度の対策も必要です。
ここでは、どんな対策をしていけば良いか見てみましょう。

税金

一人暮らしの時と結婚後では、節税方法も変わってきます。
なぜなら、結婚後の方が活用できる節税の種類が増えるからです。
なかでも、下記の知識は身に付けておきましょう。

青色事業専従者給与

配偶者(パートナーなどの親族)に事業を手伝ってもらった時に、支払う給与のことです。
家族に渡す給与であるものの「青色事業専従者給与」として計上すれば、必要経費に計上できますので節税になります。
ただし青色事業専従者給与として計上する時は、いくつかの要件をクリアしなければいけません。
要件の代表例はこちらです。

  • 青色申告者と生計を共に送っている配偶者・親族にしか適用されない
  • 事前に「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出している
  • 労働の対価として支払われた金額のみ認められる(過大計上はNG)

給与として支払っても、家計に回せば生活費に充てられるためお得です。

扶養控除

扶養者と一緒に生活を送っている納税者が利用できる所得控除です。
ちなみに、ここでの扶養者とは下記の条件に全て当てはまっている人を指します。

(1) 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。

(2) 納税者と生計を一にしていること。

(3) 年間の合計所得金額が38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること。(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

出典:国税庁

パートナーの他に子どもや親なども、扶養控除に該当する場合があります。
ちなみに最大で63万円の控除が認められています。

パート収入に対する節税

パートナーがパートとして働く場合もあります。
その場合、基準となっている収入に満たなければ課税されません。

仮に配偶者の収入がパートの収入のみで年間103万円未満であれば所得税は0です。
また、配偶者の年間所得が38万円未満であれば「配偶者控除」の対象となります。
パートナーの収入・所得に応じて利用できる節税が変わるため、覚えておきましょう。

長く収入を得られそうなビジネスをする

収入を長期的に得られるビジネスを行うことも大事です。
業種によって長く続けられるもの、そうではないものがあります。
続けられる期間は流行度や費用、事業をする人の性格などによって変わります。
結婚生活を長く送りたいのであれば、このことも考えながら仕事をした方がいいでしょう。

フリーランスの結婚後の疑問

なかには結婚後の疑問を持つ人もいると思います。
ここでは、3つの疑問についてお答えします。

Q1.名前はどうすればいい?

結婚をして名前が変わる人もいるでしょう。
実は旧姓を使ってもいいケースと新姓を使わなければいけないケースがあります。
名刺や契約書など、仕事上で使用する名前に関しては旧姓を利用しても大丈夫です。
しかし、確定申告書を提出する時は新姓の名前を書かなければなりません。

ちなみに住む場所が変わる場合は、引越前に「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」を管轄の税務署へ提出します。
一方、引っ越さない場合は確定申告書に新姓を記載するだけで大丈夫です(氏名のみが変更の場合)。

Q2.確定申告は1人ずつやるの?

確定申告は働き方によって違います。
1人のみで良い場合もあれば、2人ともしなければならない場合もあります。

Q3.結婚後もフリーランスを続けている人はいるの?

結婚後もフリーランスを続けている人はいます。
なかには結婚を機に退職して、フリーランスへ転向する人もいるようです。

フリーランスが結婚生活を幸せに送るコツ


どうせ結婚をするのであれば、幸せな生活を送りたいものです。
最後にフリーランスが結婚生活を幸せに送るコツを見てみましょう。

他人と比較しない

他人と比較すると相手の良い部分ばかりが目に映り、自分の結婚生活に対して不満を抱く恐れがあります。
結果、結婚生活を送っていても楽しいと感じなくなることも…。
不満を持たないためにも、他人との比較は控えましょう。

見栄を張りすぎない

見栄を張ると、お金を使いすぎたり自身に見合わない生活を送る原因になります。
結果疲弊してしまい、心身ともに疲れてしまうことも…。
そのため、自分に見合った生活を送ることが重要です。

地域住民とコミュニケーションをとる

地域住民と関わることも大事です。
相談相手ができたり、プライベートを一緒に過ごせる仲間が見つかったりすれば、心の満足度も満たされるかもしれません。
場合によっては、仕事の依頼へつながることもあります。

家庭と仕事のバランスを考える

ライフワークバランスも大事です。
仕事をしながらも、家庭の時間も大事にしましょう。
仕事に大量の時間を割いて家庭環境が悪くなることもありますので、ご注意ください。

まとめ

フリーランスの結婚事情を中心に紹介しました。
まとめるとこちらです。

✓フリーランスが結婚に対して不安な理由
①正社員と比べて収入が不安定になりがち
②パートナーの親を説得するのが難しそう
③結婚後の世間体が心配
✓フリーランスが結婚をする前に考えた方が良いこと
①結婚後の出費
②住居
③ライフスタイル
④パートナーが妊娠した時の稼ぎ方

フリーランスでも結婚生活の送り方を工夫すれば幸せな家庭を築けます。
結婚に対してネガティブだった人も、今回紹介した対策をとって幸せな結婚生活を目指してみてください。

※本記事の内容などは2020年7月現在の情報です。

\テックビズにおまかせください/

ITフリーランスの独立をトータルサポートします!
オンラインキャリア相談や税務代行サービス、フリーランスに役立つ各種サービスのおトクな割引・ポイント還元が受けられます!