初めての確定申告。フリーランスが支払う税金について解説

・エンジニアとして独立しようと思ってるけど、確定申告や税金のことを知らない
・確定申告の流れが知りたい
・青色申告って何?

上記のお悩みを抱えている、エンジニアもいるでしょう。

本業に割くのは大事ですが、独立後は確定申告や税金関連の処理など、雑務においても管理しなければいけません。

なかには、確定申告や税金のことを勉強していなかったばかりに、税務署から指摘される人もいます。

「知らなかった…」と言っても、後の祭りです。

そこで今回は、税金の種類、確定申告の流れなどを紹介します。

そもそも確定申告って何?

確定申告とは、1年間(1月1日~同年12月31日まで)の収支を基に、税額を確定させる申告処理です。

受付期間は「所得税の確定申告」が毎年2月16日~3月15日、「消費税の確定申告」が、1月初旬(税務署の受付開始日)~3月31日までです。なお、該当日が土日祝日の場合は、確定申告期間はズレます。

ちなみに確定申告の主な対象者は、フリーランスや個人事業主です。

エンジニアでも、会社員の場合は社内の経理担当が年末調整を行うため、確定申告をする必要はありません。

しかし、副業による収入があったり、1月1日~同年12月31日までの間に、2カ所以上の職場で働いたりした人などは、確定申告が必要です。

給料以外の所得額や職歴によって、確定申告の有無が異なるため、不安な人は確定申告の対象者ではないか、税務署や役所に確認しましょう。

なお、フリーランスや個人事業主が確定申告をした場合、下記の税金が発生します。

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民健康保険料
  • 国民年金保険料

所得税と住民税は「所得-所得控除」の金額が多くなるにつれて、国民健康保険料は所得額が多い人ほど、税額が上がります。

しかし、国民年金保険料は所得に関係なく一律です。

また、収入や所得が一定額を超えると、消費税や個人事業税の支払が発生します。人によって支払う項目が異なるため、ご注意ください。

確定申告をする人は、青色申告or白色申告のいずれかに区分される

確定申告をした人は、青色申告or白色申告に分類されます。

ここでは、2つの申告方法の概要を解説します。

青色申告

青色申告とは、複式簿記で取引記録を記録し、申告する方法です。

白色申告と比べると、記帳する内容が細かいため、手間がかかります。

しかも、青色申告対象者として認められるには、複式簿記での記帳の他に、これらの条件もクリアしなければなりません。

青色申告承認申請書の提出

確定申告を行う前に「青色申告承認申請書」を提出します。

提出期限は、青色申告を行おうとしている年の3月15日までです。

ただし、その年の1月16日以降に開業した場合は、開業後2カ月以内の提出となっています。

仮に、2020年分の確定申告から青色申告対象者になりたい場合、2020年1月15日以前に開業した人であれば、2020年の3月15日までに提出しなければいけません。

なお、提出する時は最寄りの税務署へ持参。もしくは郵送による提出で受け付けています。

期限内に確定申告を済ませる

期限内に確定申告を済ませるのも、青色申告が適用となる条件です。

つまり、原則2月16日~3月15日までの間に、済ませるということです。

期間を過ぎて確定申告をすると、青色申告対象外になる場合があります。

青色申告対象外になると、白色申告として扱われるため、今までと同程度の所得でも、支払う税金が高くなります。

参考:国税庁

事業所得or不動産所得or山林所得がある

事業所得や不動産所得、山林所得のいずれかがある人のみ、青色申告は認められています。

ただし、これらに該当する所得があったとしても、事業状況や所得額によっては雑所得扱いとなり、青色申告が認められない場合も…。

そのため、心配な人は確認することをおすすめします。

財務諸表の作成

複式簿記で、財務諸表も作成しなければいけません。

ここでの財務諸表とは「貸借対照表」、「損益計算書」のことです。

貸借対照表とは、対象時期の資産・負債・純資産を集計した表。

損益計算書とは、対象時期の費用・収益の額を集計した表を指します。

青色申告をする人は、確定申告書とは別に、これらの表も提出しなければいけません。

なお、財務諸表を作成する時に気を付けたいのが、売上の計上時期です。

例を挙げながら、見てみましょう。

例.2019年12月に、50万円を売り上げた(役務の提供も2019年12月に完了した)。2020年1月に50万円が入金された場合

この場合、売上50万円は2019年分の確定申告に計上しますか?
それとも2020年分に計上しますか?

答えは、2019年12月です。

なぜなら入金日ではなく、サービスの提供が完了した時点で、売上を計上するからです。

入金日=売上計上日ではありません。

つまり、売上の50万円は2019年の財務諸表で計上するのが正しいと言えます。

ただし、売上を計上する基準は複数あります。

事業内容、仕事の進捗状況によって異なるため、ご注意ください。

書類の保管

白色申告でも書類の保管が義務付けられているものの、青色申告の方が保管する書類が多いです。

ちなみに、帳簿(仕訳帳や現金出納帳など)や決算関連資料(財務諸表、棚卸表など)、現金預金関連の取引が載っている書類(領収書、金融機関の通帳など)は7年間の保管が義務付けられています(※1)。

さらに、取引に関係するその他の書類についても、5年間保管しなくてはいけません。

書類ごとで保管年数が違うため、まとめて7年間保管することを、おすすめします。

※1.一昨年分の所得が300万円以下であれば、現金預金関連の取引が載っている書類の保管は5年で大丈夫です。

参考:国税庁

青色申告には、上記のように制約が多いです。

しかし、白色申告と比べると税金は安くなります(所得額が少なかったり、赤字だったりした場合は例外)。

なぜなら青色申告対象者は、所得から最大で65万円控除されるからです。

仮に課税所得が200万円であれば、青色申告を活用すると、課税所得を135万円にまで減らせます。

課税所得が低い方がトータルの税金が安くなるため、青色申告を利用すれば、税金対策に最適です。

さらに、青色申告対象者は赤字を最大3年間繰り越せます。

赤字を翌年分以降の確定申告で繰り越せば、黒字額が減る分、税金が安くなります。

とは言っても、青色申告を自分で行えない人もいるでしょう。

その時は、税理士に確定申告を任せるのも1つの手です。

白色申告

白色申告とは、青色申告以外の人を指します。

青色申告のように、税制面で優遇される制度はありません。

そのため、同じ所得額でも青色申告の人と比べると、納税額は高くなります。

しかし、入出金に関する取引のみ記帳すればいい(=簡易簿記)ため、確定申告の準備はラクです。

財務諸表の作成も不要ですので、税務処理が苦手な人にはいいかもしれません。

こちらの記事では、白色申告に関するメリット・デメリットなども解説してあります。

関連記事>>白色申告で開業届は必要?不要?青色申告との違いを紹介

確定申告の流れ

ここからは、確定申告の流れを見てみましょう。

1.確定申告書を作成する準備

確定申告書で必要な書類を準備します。

主に必要な書類は、こちらです。

  • 帳簿
  • 領収書
  • 請求書
  • 所得控除で利用する控除証明書
  • マイナンバーカード

これらの書類は、確定申告書を作成する時に必須なので、手元に保管しておきましょう。

2.確定申告書の作成

用意した書類を見ながら、確定申告書に記入します。

手書きで確定申告書に記入する人もいますが、「会計ソフト」上で確定申告書を作成するとラクです。

会計ソフトの中には、確定申告書の作成や帳簿の保管、クレジットカード払いの同期などが、組み込まれている製品もあります。

1つの会計ソフトで税務処理のあらゆることができるため、会計ソフトを使っての作成をおすすめします。

こちらの記事では、おすすめの会計アプリも紹介してますので、参考にしてみてください。

関連記事>>エンジニア向け確定申告が楽になるスマホアプリおすすめ8選

3.確定申告書の提出

作成が終わったら、確定申告書を提出します。

青色申告をする人は、財務諸表も添付してください。

なお、提出方法は3通りあります。

最寄りの税務署へ行く

確定申告書を持って、最寄りの税務署へ提出しに行く方法です。

税務署員に、計算ミスなどがないか確認してもらえるため、記入ミスを防ぎたい人におすすめです。

ただし税務署によっては、長蛇の列ができるため、時間に余裕を持って提出してください。

郵送

郵送で最寄りの税務署へ送付する方法もあります。

封筒の消印日が提出日です。

仮に、3月15日にポストへ投函しても、消印日が3月16日であれば、税務署は3月16日の提出として扱います。

e-Tax

インターネット上で確定申告を行える「e-Tax」を利用する手もあります。

e-Taxであれば、金額をコンピュータ上で入力して確定申告ができるため、「2.確定申告書の作成」はスキップして大丈夫です。

ただしe-Taxを利用する時は、利用者識別番号の取得や、ICカードリーダライタが必要になるため、e-Taxを利用できるまで数日間かかる場合もあります。

確定申告期間に入る前に、準備を済ませることを、おすすめします。

確定申告書の記入方法

ここでは確定申告書に記入する、主な内容を見てみましょう。

売上

売上とは、1年間に発生した収入です。

事業収入であれば、確定申告書の「収入金額等」の欄に載っている「事業 営業等」の金額欄に記入します。

経費

経費とは、事業をしている時に発生した費用です。

たとえば、オフィスへ行く時の交通費や、仕事で使用するパソコン購入費などがあります。

ちなみに経費を計上する時は、基本的に領収証(レシートも可)が必要です。

経費の内容によっては、仕事で使った費用であることを示す証拠(例.メールのやり取りなど)が必要な場合もあります。

なお、こちらの記事では、経費の種類を解説しています。

関連記事>>フリーランスが税金を抑えたい時に活用できる節税対策を紹介!

所得控除

所得控除とは、所得税や住民税を計算する時に、所得から控除する金額のことです。

基礎控除の他に、これらの控除項目があります。

  • 医療費控除
  • 生命保険料控除
  • 社会保険料控除
  • 扶養控除
  • 小規模企業共済掛金控除

これらの所得控除が大きくなれば、所得税・住民税が安くなるため、税金対策につながります。

所得控除の各欄に記入してください。

源泉徴収も知っておこう

源泉徴収とは、クライアント側でワーカーが支払う予定の所得税を、報酬から控除し納税する制度のことです。

源泉徴収アリの場合とナシの場合を見てみましょう。

例.クライアントがワーカーに報酬を1万円払う場合(所得税は報酬の10.21%)

1.源泉徴収ナシ
クライアントがワーカーに振り込む金額は1万円です。その代わり、自分で所得税を払わなければいけません。

2.源泉徴収アリ
クライアントが、ワーカーに振り込む金額は8,979円(1万円-(1万円×10.21%))です。クライアント側で前もって所得税を払っているため、ワーカーが所得税を払う必要はありません。

ちなみにエンジニア業務の場合は、源泉徴収の対象となっていないため、所得税が引かれていない状況で受け取るケースが多いです。

しかしエンジニアでも、原稿を書いたり講演したりした時の謝礼は、源泉徴収の対象となるため、所得税が引かれた状態で報酬を受け取ります。

業務内容によって、報酬の受け取りパターンが変わるため、両方知っておいた方がいいでしょう。

確定申告をしなかった時のペナルティ

確定申告をしなかった時のペナルティは2つあります。

1つは加算税です。

本来払う予定だった税金に対して「5~40%」加算されます。

しかも、5年以内に無申告加算税や重加算税を喰らった人は、最大で50%加算されることも…。

加算税が払えなくなり、廃業する人もいます。

もう1つは、延滞税です。

税金を期日内に払わなかった場合、発生します。

払い終えるのが遅くなるほど、延滞税額は増えます。

参考:国税庁

まとめ

確定申告の概要や流れ、税金に関することなどを紹介しました。

今回のポイントは、こちらです。

✓確定申告の種類
①青色申告
②白色申告
✓確定申告の流れ
①確定申告書で必要な書類を準備する
②確定申告書を作成する
③確定申告書を提出する

確定申告は、毎年行わなければならない義務です。

面倒な作業ですが、早く終わらせれば、本業に割ける時間が増えます。

自分のみで厳しい場合は、税理士の力を活用して、確定申告を乗り切りましょう。

※本記事の内容などは2020年2月現在の情報です。